野中一二のページ | 活動 | 議会 | 街づくり | 環境 | 言いたい放題 | プロフィール | サイトマップ | 掲示板 | ホーム | 戻る

野中一二の議会質問

平成14年3月8日(金)午後1時から一般質問

1.街なかの保健室について

甲府市の中心部の空洞化については商工会議所が中心になって行っているTMOや、甲府市が行っている街なか再生事業など、数々のメニューがキラ星のごとくら列されていますが、未だどれと言って有効な対策を講じられないのが現状でしょう。そんな中で中心部の活性化事業として「街なかに保健室を作る」と言う事業についてはいかがでしょうか。

これはあるおかあさんが、現在幸町の旧市立病院で行っている数々の子供の健診業務について、そのうちの一部でもいいから中心部で行って欲しいと言う希望を掲示板に書いたことから始まりました。中心市街地の住宅政策と言うタイトルの掲示板で、「子どもの健診会場、予防接種会場が遠いことが不便でなりません。中心地で健診をしていただければ、帰りに買い物でもして帰れるんですが、健診が始まるまでの待ち時間も有効に活用したいし、そう思っているお母さんが案外多いと思います。」と言う事でした。

 そこでどの程度の検診があるか調べて見ましたら、

平成十二年度出生数―――1733人
乳幼児期検診(小学校入学前まで)
1-集団検診(保健センター実施)
   3・4ヶ月整形外科健診
   1才6ヶ月児健診
   2才児歯科健診
   3歳児健診       以上4回
2−個別健診(医療機関委託)
   (1歳までの間に各医療機関で実施)
               これが3回
定期の予防接種
 集団接種 ツベルクリン、BCG(4才まで) 1回
   同上 小児マヒ生ワクチン(ポリオ)  2回
 
 個別接種 三種混合(百日咳、ジフテリア、破傷風) 4回
      日本脳炎                3回
      麻しん                 1回
      風しん                 1回

これだけの回数お子さんと一緒に行くわけですから、健診など少しでも楽しく受けれるようにしないといけないのではないでしょうか。その点、仮に中心街でこれらの検診の一部でも出来るとすれば、少なくとも子供の検診だけのために行くと言うことではなく、今まで以上に待ち時間なども楽しく過ごせるのではないでしょうか。

 もちろん健診という事だけではなく、町の中心に、保健婦さんのような専門家がいてくださることは、住民にとっても心強いことでしょう。子どものことで、病院に行くほどでもないけど、ちょっと相談に乗ってくれたりアドバイスいただけたりそういった場所が市街地にあると、ちょっと買い物に行こうって思った時も子どもを連れて安心して出かけられることになるでしょう。

 出来ることなら此処では簡易血圧計などをおき、生活習慣病のチェックが出来るとか、甲府市歯科医師会の方々にご協力を仰ぎ、例えば虫歯の無料健診を行い早期治療を推進するなど、甲府市の保健衛生についての核となるような事業を展開することも出来るはずです。

 また場所としては「空き店舗」を活用するだけで十分と考え、しかも甲府市の中心部で買い物をしたり、あるいはこの町で暮らしているとこのような形の安心も一緒に手に入れることが出来るんだ。ということになりますと、これこそまさに街としてのステータスがあがると言うものではないでしょうか。

 またこの意見についてはインターネットを利用し、甲府市のホームページ「掲示板・中心市街地の住宅政策」を使った意見交換から生まれたと言うことは、市民−掲示板−議員−議会−Webページ−市民、という一方通行ではない情報のサイクルが完結することとなるわけです。つまり国が推進している新しい形の情報の流れに乗り、市民と行政の今までにないつながりが、自分たちの町を行政に頼るだけでなく自分達で作り上げていくと言うひとつの形を作り上げようとしているのです。ぜひとも甲府市としてはこの事業に取り組んでいただきたいと考えますがいかがでしょうか。

『空き店舗対策としての事業化が可能かどうか、日本看護協会が推進している「まちの保健室」などの制度活用を含めて検討してゆく。』という前向きのご答弁を頂きました。

Copyright(C) 2001 by NONAKA Ichini
野中一二事務所
400-0016 山梨県甲府市武田2-11-19
電話 055-254-4040  FAX 055-254-4042

[UP] [戻る] [視察報告目次] [議会質問集目次] [2001年度] [議会目次]