野中一二のページ | 活動 | 議会 | 街づくり | 環境 | 言いたい放題 | プロフィール | サイトマップ | 掲示板 | ホーム | 戻る

野中一二の議会質疑応答の記録

平成14年9月10日(火)午後1時

○議長(斉藤憲二君)
 昨日に引き続き、上程議案全部に対する質疑及び市政一般質問を行います。
 最初に、新政クラブの一般質問を行います。野中一二君。
○野中一二君
 新政クラブの一般質問をさせていただきます。

 甲府のまちづくりについて質問させていただきます。

 その最初ですが、8月18日、日曜日です。午前10時の開会とともに、多くの市民が北口の「サマーIN北口ナンバー4」というおまつりの会場に来ていただきました。始まって10時30分、既にこのときには、約1,000人を超える方々によって、この会場は熱気にあふれておりました。その後、雨がパラリと降ったり、あるいは夕方にはかなりのどしゃ降りになりまして、会場は傘の花が咲いたり、それはそれでまた楽しくもあり、非常に有意義なひとときでもありました。

 そのような中、このおまつりの会場で、都市整備部新都市拠点整備課の職員による聞き取り調査が行われ、会場に来た方の居住地が、約1万人、当日、会場に来ていただいたわけですが、その中で県外から3%、市外から27%、市内の方々が70%、イベント会場までの交通手段は、自動車53%、公共交通機関12%、徒歩・自転車35%となっていることがわかりました。そして、自動車と答えた方は、その55%が、イベント実行委員会が用意した駐車場を使わずに、周辺の民間などの駐車場を利用したこともわかりました。このことから、このまつりが及ぼす効果というものは、来場者という限られた範囲ではなく、周辺にも何がしかの影響を与える、そのように実態が浮かび上がってまいりました。

 確かにこの聞き取り調査のアンケートの個体数はさほど多くはないのですが、このように北口という場所に集中して人が集まるという場合は、交通問題の一定の指針としてこのアンケート調査が有効に生かされればと、かように考えます。

 当日は、台風がそこまで来ている、こんな状態でしたから、昨年の状態と比較して、自動車を利用して来た方が非常に目につきました。しかし、このアンケートは、1件当たり約5分最低でもかかり、そして一人ひとりに直接職員が聞き取り調査を行ったという非常に貴重な資料です。

 この貴重な資料を決してむだにすることなく、何かに利用していただき、また北口の発展に利用していただいたら、これが本当のまちづくりができるのではないか、かように思います。

 さて、甲府市では、各地域の自治会で開催しているおまつりに対して一定の補助金を出しているようですが、この「サマーIN北口」のような民間の事業に対して何らかの支援ということは考えられないのでしょうか。「まつりを通じて地域の活性化に貢献する」という大儀としては、十分その役割を果たしていると我々実行委員会は感じているのですが、いかがお考えでしょうか。

 このまつりの開催趣旨が、「北口地区の区画整理事業早期推進及び新都市拠点整備事業の早期推進を住民みずからの手でつくり上げていく」ということになっております。そのような中で北口地区整備構想策定委員会が本年より立ち上がり、既に何度かの会議を経ていると伺っております。委員の中には地元代表の方も1人だけですが入っており、地権者の民意の反映も十分配慮されているというふうに考えております。

 この会議の様子をホームページで公開すべきとここで発言しようと思いまして、質問書を提出したその2日後に、実は甲府市のホームページにこの北口の策定委員会の様子が公開されておりました。この非常に速い素早い対応というのが、まさに山本市長が目指しているクイックレスポンスではないのかなと、そんなふうに感じております。

 このホームページを使った情報公開という一例ですが、神奈川県藤沢市では、市のホームページを使い、ここにこれだけの土地があります、そして予算はこれだけです、といって、市民からその活用を広く呼びかけております。おびただしい数の応募や問い合わせがあったそうです。中には、一級建築士が図面を持参して、こんなものでどうかといったようなものまで登場し、結果として、非常に市民満足度の高い施設が、従来の発想では想像できないような価格ででき上がったと聞いております。

 この北口地区でも、一昨年、「まちづくりコンペ」というものを住民の手により開催し、全国からの応募を見たのは周知の事実だと思います。このような民間の発想をどしどし取り入れることも今後の行政にとって大切なことだと考えておりますが、いかがでしょうか。

 このまつりを開催した4街区という県有地は、甲府市と協議をしながらその活用方法を探っていくというふうに聞いておりましたが、その後の経過はどのようになっているのでしょうか。確かに、県有地ゆえ甲府市が口を出すことはできないかもしれません。しかし、山梨県の県都の玄関をつくり上げていくというときに、いまだどのような活用方法を考えているのか全くわからない現状では、甲府市民はもとより、広く県民に対して理解を得られない状態ではないか、かように考えます。昨今話題となっています情報開示という観点からいたしましても、ここでの一定の青写真がいまだにないというのは、事業開始後の時間的経緯を考えれば、いささか疑問の残るものではないでしょうか。ここはひとつ甲府市として、こんな案を持っていますと、そういった問いかけをするのも必要ではないかと思いますが、どうでしょうか。

 これは私案ではございますが、県立図書館の移転改築というのはいかがでしょうか。

 この場所は、山梨大学にも近く、山梨学院大学からは1駅、英和大学への乗り入れバスもこの駅から出発しています。県立女子短期大学へもバスが出ていて、公共交通機関を利用して県内広く利用されることと考えます。

 また、そこでの図書館は、県立検索図書館を主なる目的とし、山梨県の主要な産業である水晶宝石加工に関するデータを集積した検索図書館とすることで、民間の利用価値も飛躍的に増大するでしょう。

 また、これを裏づける資料として、山梨大学水晶館にある世界的な水晶原石のコレクションを借り受けて展示することにより、黒平地区及び金峰山周辺での水晶採掘の歴史であるとか、紛失してしまった幕府への献上水晶の謎などについて、改めて学習できる場が提供されることでしょうし、山梨の地場産業としての宝石加工品について、今以上に世界的なものにまで高めることができるのではないでしょうか。

 また、この交通至便の地に一定のシンポジウムなどができる場所を提供することで、県内大学の交流の場としても十分活用できるのではないかと考えます。

 昨今、図書館は、その独自性を打ち出した運営や、利用目的を限定したものなど、従来から考える図書館とは全く様相を異なるものにしています。そんな変化を現在の県立図書館に望むのはスペースから言っても不可能であり、これこそまさに、県民の知識レベルの向上と、甲府市及び山梨県の文化的価値の増大を図れるものとして、十分納得できるものではないか。

 そのような見地から、ここ4街区には県立図書館をつくっていただきたいという要望を含めて県に提案するべきだと考えますが、甲府市はいかがお考えでしょうか。

 次に、中心市街地の活性化に関する問題ですが、これも今年の3月議会で質問させていただいた「まちなかの保健室」というタイトルがあります。市長はその答弁の中で、日本看護協会で行っている「まちの保健室」という事業もあわせて考えながら、という回答をいただきました。その質問書を出したその後、9月6日、トポス跡の1階、2階へ食品スーパーが出店を決定し、あわせて市としても、3、4階へ女性交流センターや保健・育児の相談窓口、地域住民へのイベントスペースなどの開設を計画するなど、さまざまな動きがあるようですが、ここで言う健康・育児の相談窓口というのは、平たく言って「まちなかの保健室」というふうに理解してもよろしいのでしょうか。また、そのための予算の裏づけや育児の相談窓口となれば、小さいお子さんが勝手に遊べるような安全な空間、例えば人工芝を敷いて周囲にクッションを張りつけたようなものである、そういった空間といったようなものの併設はあり得るのかどうか、それについてもお答え願います。

 この問題の過程で、駐車場の問題が中心市街地において随分取り上げられておりますが、私は、この駐車場の問題に対して、駐車場に不満が出るということは、直接その商店に不満を言ってもしようがない、また商店に対して気の毒である、だから、「駐車場がないから行けないんだよ」というふうにやんわりとその店に行くことを拒否している、そういう消費者の動きではないかと、かように考えております。

 実際、現在の中心市街地の中でも、その店ではこのことに関する商品はすべてがそろっていると言わしめるような商品構成であるとか、あるいは、すべて私たちがつくっている手づくり商品のお店ですと、そう言って販売しているチャレンジショップ、これらの直近での成功例が、この中で駐車場という問題の一つの解決策になるということを物語っているのではないでしょうか。

 そこに来られる方は、駐車場がないから来ないということではなく、そこにある、消費者が「非常に必要である」というニーズを持っているもの、それを望むウォンツ(want)というものから推測して直接消費者に渡している、そういうことが言えるのではないでしょうか。現実、この客足が遠のく市街地において、もしかしたら一番打撃をこうむっているのは駐車場の経営者なのかもしれない、私はそのようなことも考えております。

 このようなことを踏まえまして、一体、まちの賑わいというものはどのようなものか、それも考えてみました。ここでは、1軒の核店舗でこのまちの賑わいというものはなし得るものではない。そこで営む各商店の方々が総力を挙げて取り組まなければ商店街の活性化というものはあり得ないんだ、というふうに私はそこで理解いたしました。まさにこのときにこの中心街に出店していただく食品スーパーには絶大なるエールを送りたいものだと、そのように私は思っております。ここでも、せっかくのチャンスですから、このことをあのときに決断してくれてよかったと言わしめるような、行政としてのできる限りの支援をするべきと考えます。

 北口中心と、あたかも甲府のまちはこの二つのような話でここまで来ましたが、実際の甲府市は、面積171.89平方キロメートル、東西約12.5キロメートル、南北約31.5キロメートル。極東、一番東ですね、138度40分、国師岳大弛。極西、138度31分、山宮町西岬。極南、35度35分、大津町南端。極北、35度52分、国師岳西1,450m地点。最高標高、金峰山頂2,195m。甲府市役所、この場所ですが、標高261m。最低標高、大津町252.6m。これは、ちょっとなりの悪いヘチマが横になっているような姿をしておりますが、この姿が地図上の現在の甲府市です。

 これに対しまして、今後合併を予定している1町2村を合わせますと、日本地図の上で中心あたりに北から南にちょこんと線を入れていただくと、ちょうどそれが甲府市の姿になります。

 このような何ものにもかえがたい自然を持ち、市民が生活を営む上で一番必要な水が豊富にあり、そして古来より集う人々がいる、この甲府市に対して、市長の掲げるまちづくりの思いの一端を披露していただくことができればなとして、私の質問を終わらせていただきます。

○議長(斉藤憲二君)
 市長 山本栄彦君。
○市長(山本栄彦君)
 野中議員の御質問にお答えいたします。

 合併後のまちづくりについてでございますが、甲府市は美しい自然と長い歴史にはぐくまれ、政治、経済、産業、文化など、県都としてその中心的な役割を果たしながら発展をしてまいりました。

 中道町は、縄文時代のころから人々が暮らし、江戸時代は甲斐と駿河を結ぶ中道往還の要所として発展し、歴史が今もなお息づく町であります。

 芦川村は、すずらんの群生地として知られ、黒岳に源を発する清流芦川と、さわやかな空気、豊かな山林など、四季の移ろいを肌で感ずることができます。

 上九一色村の古関と梯地区は、清流のせせらぎが山里に響く地域であり、キャンプ場や上九の湯など、自然を満喫しながら憩える施設が整っております。

 このような各関係市町村が一体となった場合は、清らかな水、豊かな自然、長い歴史をそれぞれの住民が共有できることとなり、甲府市民にとっても大きな財産になるものと考えております。今後、合併が実現した場合には、これら自然環境を継承し、まちづくりに大いに生かすことで、潤いあふれる暮らしの創造に努めてまいりたいと考えております。御理解を賜りたいと存じます。

 他の御質問につきましては、関係部長からお答えいたします。

○企画部長(林 正孝君)
 企画部関係の御質問にお答えをいたします。

 最初に、北口地区整備構想の情報公開についてでございますが、北口地区一帯のまちづくりにつきましては、現在、甲府駅北口地区整備構想策定委員会を設け、行政、民間、地元が一体となってさまざまな視点から意見を出し合い、駅周辺の将来像を示す整備構想案の策定に向け、論議を重ねております。

 当委員会の開催にあたりましては、情報公開を原則として、会議の公開や資料提供を行ってまいりましたが、今月からは、ホームページ上におきまして、過去開かれました委員会の審議事項などを掲載し、さらに情報の公開を進めることといたしました。今後、委員会で整備構想の第一次案が審議される予定となっておりますが、これにつきましてもホームページ上に公開するとともに、インターネットにより市民の皆様の御意見をお伺いし、市民の方々の新鮮で自由な発想を参考にさせていただく予定であります。

 また、北口地区区画整理事業推進委員会をはじめ新紺屋地区エコープラン推進協議会など各種団体から、北口地区一帯の住民主体によるまちづくりについての整備方法やアイデアなど貴重な御提言をいただいておりますので、これらの御意見も尊重しながら、北口地区の整備構想を策定してまいりたいと考えております。

 次に、北口県有地の整備についてでありますが、駅周辺の整備につきましては、県都の顔として、また中心市街地活性化を推進する上からも早急な整備が必要と考えております。現在、甲府駅周辺の諸課題について、県市がともに論議する場であります甲府駅周辺整備に関する県市推進協議会におきまして、県有地を含めた北口地区全体の土地利用方針について協議を重ねております。今後も引き続き県市が一体となり、人や情報が交流する個性的で魅力があり、かつ多世代が安心して便利に暮らせるまちの実現に向け、各街区の機能連携や土地利用方策を検討する中で、県有地につきましても早期に土地利用の方向性が見出せるよう協議してまいります。

 以上でございます。

○地域振興部長(田中 修君)
 民間が行う事業への支援についてお答えいたします。
 まつりに代表される市民のふれあい事業は、地域の連帯感の醸成や、まちづくりへの意識の高揚、さらには地域の活性化のためにも非常に重要であると考えております。

 現在、本市では、エコープラン推進事業費補助金等交付基準に基づき、エコープラン推進協議会が主催するまつり等地域のふれあい事業に財政的な支援を行っておりますが、これは地域の連帯や連携を強化し、地域活動の活性化につなげるために支援しているものであります。

 また、民間が行う事業に対しましても、各部において当事者の申請に基づきその内容等を詳細に精査する中で、公益上必要があると認められる事業には、後援も含め、人的、物的支援を行っております。今後におきましても、財政状況厳しい折ではございますが、公益上必要である場合は、人的、物的支援も含め可能な限り支援してまいりたいと考えております。

 以上です。

○産業振興労政部長(望月 猛君)
 旧トポスビルの活用策についてお答えいたします。

 中心市街地活性化の核施設としての旧トポスビルの活用策につきましては、市民の交流の場として、女性、交流、イベントホール、福祉・保健関係など、気楽に利用できる施設を提供し、中心市街地の活性化と賑わいを創出してまいります。

 以上です。

○議長(斉藤憲二君)
 野中一二君。
○野中一二君
 今の答弁の中でございました北口のおまつりの件については、よく理解できました。ことしは当事者の申請が必要ということなので、ぜひ申請をさせていただきます。受理していただきたいなと思います。

 それから、ホームページをつくりまして、早速、北口の整備構想策定委員会の情報を開示していただけるということですが、そちらの方もぜひお願いします。現在のままですと、とても情報を開示しているという段階まで行っていないのではないか。やっぱり正式にパブリックコメントを募集しますという状態にしていただかないと、きちんとした情報というのは取れないというふうに思います。そうした中で出てきた意見を、市長も先日から言っているような、きちんとしたホームページとしての市民の意見、要望、要請というものを吸い上げていくということを言っておりますので、ぜひそういうふうなパブリックコメントという募集をかけていただきたい、かように思います。

 その点について、今後、現在のあのままのページで行くのかどうか。今さっきは、もう少し細かい部分を出すというふうな話もございましたが、その辺もお聞かせ願いたいと思います。

 それから、中心市街地の問題ですが、ここで「まちなかの保健室」というものを私は3月議会で提唱したわけなんですが、今の答弁によりますと、どういうネーミングでこの施設が運営されていくのか。当然、3階、4階というふうな一つのフロアごとに区切られた考え方というのはあるでしょうけれども、その中でも、市民が行きたいと思う施設というのは、やはり名前のつけ方一つにも非常に気を使わなければいけない。市民サイドに立った名前のつけ方をしなければいけないと私は考えております。それがあたかも「はい、ここへいらっしゃい。行政が待っていますよ」というような名前のつけ方ですと、市民としては必ず足は遠のいてしまうので、その辺も十分考えていただいて、別にこの「まちなかの保健室」という表現は私が初めて使ったわけではないし、実際のところは、行政職員の中から「まちなかの保健室」という案がありましたという話を聞いて、非常にいい名前なんで、それをいただきますと言ってつけたのがこの「まちなかの保健室」という名前です。これは、何をそこでやってくれるんだろうか、どんなものがあるんだろうかというものも含めまして、このネーミングで一言でわかってしまう、そういうふうな非常にまたやさしい表現を得られるような名前だと思いますので、その辺につきましても、ここはもう一度繰り返しますけれども、「まちなかの保健室」という名前でいいんでしょうか、あるいはまだそれは決まってないのかどうか、その辺も含めまして、そのネーミングについて教えていただければなというふうに思います。

 それから、私は先ほど、出店していただいた食品スーパーには非常に大きなエールを送りたいということを申し上げました。まさに、これこそ本当の英断だと思います。民間企業ですから、基本は利益が上がらなければ自分たちが食われてしまうわけですね。ですからそういうときにとにかくこの民間企業の方は、自分たちでどうやって利益を上げたらいいんだろうかという、いわゆる経営者としての発想でとらえている部分があっての決断だと思います。それをもう一歩、あと二歩と後押ししたり背中を押したりするのが行政の責任だと思いますので、そういう部分でも、この部分は、駐車場の問題とかあると思いますけども、行政としてもできる限りの支援はしていただきたいというふうに思います。

 ですから、とりあえず今お答えいただきたいのは、ホームページの公開部分と、それから「まちなかの保健室」という名称がこのままで行くのかどうかという部分をもう一度お答え願いたいと思います。

○企画部長(林 正孝君)

 北口地区整備構想の情報公開についてということで先ほど御答弁申し上げましたけれども、私どもパブリックコメントにつきましては、事業の計画段階から住民の参加を得まして、情報公開や対話を重ねてお互いが理解し納得した計画を策定すると。このための一つの手法としてパブリックコメントがあると、このように理解をいたしております。

 したがいまして、今回策定をいたしております北口地区の整備構想の第一次案につきまして、今後審議をされることになっておりますから、まだ本市におきましては制度として確立はしてはいないわけでございますが、私どもパブリックコメントを念頭に置きながら情報公開をし、構想の第一次事案につきまして公開をしてまいりたいと、このように考えております。

 以上でございます。

○産業振興労政部長(望月 猛君)
 福祉、保健関係施設につきましては、具体的には保健機能を備えた保健室ということでございまして、名称につきましては、これからあらゆる角度から検討をしてまいりたいと、そんなふうに考えています。
○議長(斉藤憲二君)
 野中一二君。
○野中一二君

 名称につきましては、ぜひ市民の視点というものを大事にして、なじみやすい、使いやすい名前というものを考えていただきたいというふうに思います。ホームページの公開も、これは市長もIT市長で、よくホームページもごらんになっているようですけれども、あるいはぜひ市長みずから発信するにあたりましても、読みにくいホームページほど嫌なものはないと思います。私も実際、若干ですが、視力が衰えてきたというところで、本当に読みにくいホームページ、それから開いても内容のわからないもの、そういうのは本当にがっかりしますので、その辺をだれが見てもわかりやすいような表現を使いましてホームページでの情報開示をしていただければ、かように思います。また、その折には市長のコメントなんかもそのホームページ上でいただけるんじゃないかと思っておりますので、その辺もぜひ市長も利用していただきながら、みんなの市民の総意というもので進めていけたらなと、このように考えております。

 以上で質問を終わります。

平成14年9月議会公式議事録

Copyright(C) 2001 by NONAKA Ichini
野中一二事務所
400-0016 山梨県甲府市武田2-11-19
電話 055-254-4040  FAX 055-254-4042

[UP] [戻る] [視察報告目次] [議会質問集目次] [2002年度] [議会目次]