地区計画に係る地権者意向調査結果について

上町地区

都発 第8―96号 平成16年8月25日

意向調査結果・上町地区

(前文略)
 さて、平成15年度において当該地区は、山梨県甲府都市計画区域マスタープラン案において、『市街化区域編入予定区域』に位置付けされたところであります。
また、市街化区域編入のためには「地区計画」か「土地区画整理事業」が担保される必要があり、本年1月以降地区計画の成立に向けて地区施設整備案に対する地権者意向調査を実施しましたところ、平成16年7月31日現在における最終調査結果がまとまりましたので、その内容を次のとおりお知らせ致します。

回収率 :41.1%

意向調査結果を分析してみますと、回収率が41%と非常に低い状況であり判断することは大変難しい状況でありました。これは、具体的な地区施設整備案が提示できなかったことや既に当該地区においては充分な道路整備が終了していること、また、新しい開発条例の活用で一定条件を満たせば開発することが可能となったこと等いろいろな要因が考えられます。

意向調査結果・上町地区
地区計画に対する意向の選択理由

また、「賛成」= 12%、「反対」= 18%という状況からしても、市街化区域編入のための地区計画の設定は、かなり難しいと思われます。

さらに、今回の意向調査の選択理由としては、『税金問題』と答えた方が最も多く、これは市街化区域編入に伴う都市計画税の新たな賦課や農地の評価額の上昇による相続税問題等が危惧されたものと推察されます。

いずれにしましても、まちづくりはそこに居住しておられる皆様方の声が最大限反映されてこそ良好なまちづくりにつながるものと考えておりますので、今後とも住み良いまちづくりに向け、その方途について協議して参りたいと考えておりますのでよろしくお願いいたします。

(C)2004 甲府市役所都市建設部、都市計画課 / 編集 NONAKA Ichini

[TOP] [中間結果] [最終結果] [BACK] [CLOSE]