野中一二のページ | 活動 | 議会 | 街づくり | 環境 | 言いたい放題 | プロフィール | サイトマップ | 掲示板 | ホーム | 戻る

甲府市議会予算特別委員会

甲府市議会平成21年3月議会、予算特別委員会は12日から19日まで行われます。冒頭、当局から総括説明があり、その後各会派から総括質問があります。持ち時間すべての会派で30分です。1問1答での30分ですから、ほんのわずかしか聞くことができません。新政クラブは野中一二が質問に立ち、以下の質問を予定しています。

2009年新政クラブ予算総括質問(予稿)

1 今回の平成21年度予算全般について

1−1
 今回提案された予算全般について見渡してみると、日ごろから市長がよく口にする「光の届かない人の所へ、光を当てる」という言葉が伝わってくるような事業費の配分となっています。そして、「福祉・教育に力を入れる」という市長らしくおよそ52パーセントが民生、衛生、教育、後期高齢者、介護事業等に充てられています。その比率は昨年よりはわずかですがその規模は大きくなりつつあるようです。
 世界は今、昨年のリーマン・ショック以来の不況のさなかにあり、この日本においても、ましてや甲府市においてもその影響は否応なしに迫り来ています。そのような中での予算構成で、産業の振興、あるいは観光客の誘致など、少しでも経済循環に寄与するような来年度事業についての市長の考えをお聞かせください。

1−2
2期目後半にさしかかった宮島市長にとって、その当初公約を守ることは市民との約束を果たすこととして当然のことと理解するものです。7つの大きなタイトルで示された「わ」の都・甲府の目指す方針の中で、
『●トップセールスとして市長が先頭に立ち、観光・産業・経済などの甲府の魅力を全国に発信します。』
としていましたが、平成21年度予算の中でこの事はどのように反映されているのでしょうか。

1−3
『●誰もが便利に使える交通システムを研究し、早期導入を目指します。』
とありましたが、中心街を走る「レトボン」はいまだ旧態とした運営を続け、周囲からの流入人口増加に役立っているとは言い難いものがあります。またレンタル自転車についてはその研究は停止した状態にあるようです。過日私ども新政クラブでは高松市丸亀商店街を視察した折、高松市では「市」の名前の付いた乗り捨て自転車を導入していました。これらに見られる様、各都市がそれぞれ企画・研究した結果をどしどし導入していますが、甲府市平成21年度予算ではどのように盛り込まれているのでしょうか。

2 甲府市における各種委員会、審議会などの委員選定について

2−1
甲府市21年度予算において、各種委員会、審議会等の委員報酬は総額でいかほどになるのでしょうか。

2−2
これら委員を市政決定に参加していただくということは行政の透明性を高め、市民意識を高揚し、市民満足度の向上に大きく寄与するものであると認識しています。しかし一部委員が一人何役も重なっているというケースも目立っているようです。これら各種委員の選定については一定の基準や条例があると思いますが、全体ではどのような判断のもとに行っているのでしょうか。

2−3
各種委員についてはその会の決定について責任が付いてくるということの説明は行っているのでしょうか。

Copyright(C) 2009 by NONAKA Ichini
野中一二事務所
400-0016 山梨県甲府市武田2-11-19
電話 055-254-4040  FAX 055-254-4042

[UP] [戻る] [視察報告目次] [議会質問集目次] [2008年度] [議会目次]