野中一二のページ | 活動 | 議会 | 街づくり | 環境 | 言いたい放題 | プロフィール | サイトマップ | 掲示板 | ホーム | 戻る

三重県松阪市

松阪農業公園ベルファーム

2008年10月−経済建設常任委員会視察報告

8日・三重県松阪市→9日・大阪府堺市
本年の甲府市議会経済建設常任委員会の視察は、2008年10月8日、9日、10日の三日間で行い、三重県松阪市(松阪農業公園ベルファーム)、大阪府堺市(総合的な企業投資の促進について)であった。

平成20年10月11日 甲府市議会議員 野中一二
この文書は野中一二個人の視察感想文です。

三重県松阪市
左バーベキューレストラン、右松阪商店(お土産屋)

人口16万8千人、面積623.83平方キロメートル、一般会計予算規模543億円、企業会計を含め1,240億円と、広さは3倍ほどあるが甲府市とよく似た規模の松阪市は松阪牛で有名な都市である。

この都市で、平成2年に当初計画がなされた「松阪農業公園ベルファーム」は、49ヘクタールと言う広大な計画からスタートしたが、現在23ヘクタールまで買収が終了した時点で拡張を諦め、平成16年に開園した施設である。

この施設の目指すものは「都市と農村の交流拠点、自然や農業について学ぶ体験施設として、農業をはじめとする地域産業の振興を支援し、市民の健康および福祉の向上並びに地域の環境と調和した魅力ある街づくりに寄与する。」と、条例でうたっている。
そして具体的には「地産地消」を推進し、「スローフード」をテーマとする農業公園として「食育」「緑育」「健育」の三つの言葉をキーワードとして現在創意工夫を重ねている最中の公園である。

三重県松阪市
イングリッシュガーデン

運営主体は当初財団法人を設立し運営にあたっていたようだが、現在では指定管理者として「株式会社松阪協働ファーム」と言う組織体が管理運営を行っている。年間来場者は40万人を超え、松阪商会(物販)、ベルファーム(農家市場)、ガーデンカフェ、バーベキューレストラン、鑑賞庭園(イングリッシュガーデン)、テナント事業、貸広場貸室及びグランドゴルフ事業と分かれていて、合計4.8億円ほどの売り上げを計上し、一般会計からは8,000万円の持ち出しがあると言う。 ぐるっと見て回ったのだが、ベルファーム(農家市場)などではまだ周囲の農家が慣れないせいか、持ち込んでくる商品に対する価格の付け方など問題点が随所で見られた。時間の問題でこれらについては解消すると思えるのだが、このような直売施設が市内の青果物販売店に与える影響や、共同出資者であるJAとの関係についてはもう少し研究する余地が残されていると思える。

伊勢自動車道松阪ICの完成を機に計画されたと言うこの施設は総工費50億円と言う巨額の費用がかかっている。しかも年間8,000万円の一般会計の持ち出しが現在行われているという点で、議会や住民のコンセンサスを得ると言う事は非常に難しかったのではないかと言う質問をしてみたのだが、高速道路開通と言う最大のメリットをどのようにして市の活性化につなげるかと言う事を考えると、決して無駄な投資ではないと言う意気込みで始まったようである。

三重県松阪市
花まで売っているベルファーム

詳しくはこの施設のホームページが素晴らしいのでそちらをご覧いただきたいが、このような公共投資もありなのかと言う新しい発見が出来たことは評価に値する事業である。

同時に、この施設の運営主体である会社の社長さんは国立大学法人三重大学の名誉教授でもある農学博士とくれば、これまで以上に産学共同での事業展開も容易ではないかと感じた。
時間の都合ですべての施設を回る事が出来なかったのが残念だが、やり方次第では実に将来楽しみな公園だと言えよう。

松阪市議会事務局、並びに松阪市役所の皆様ありがとうございました。

Copyright(C) 2008 by NONAKA Ichini
野中一二事務所
400-0016 山梨県甲府市武田2-11-19
電話 055-254-4040  FAX 055-254-4042

[UP] [戻る] [視察報告目次] [議会質問集目次] [2008年度] [議会目次]