野中一二のページ | 活動 | 議会 | 街づくり | 環境 | 言いたい放題 | プロフィール | サイトマップ | 掲示板 | ホーム | 戻る

ごみ処理、水道水源保護条例を視察

2002年8月21日〜23日

今回の甲府市議会環境・水道常任委員会の視察は、2002年8月21日、22日、23日の三日間で行い宮城県白石市(水道水源保護条例について)、仙台市(生ごみの堆肥化施設)、福島県いわき市(水道水源保護条例について)であった。

平成14年8月27日 甲府市議会議員 野中一二
この文書は野中一二個人の視察感想文です。

白石市の事例

白石市が水道水源保護条例を制定する事とした大きな理由は、水道法の規定により制定したとある背景に、民間業者の産業廃棄物処分場建設をめぐり市が市長を筆頭に一貫してこれの反対を表明していることにある。「きれいな水を住民が享受する権利を守る」として、全国で初めて「浄水享受権」を明文化したことでもわかるように、この市での水道水源保護条例は非常に厳しい内容となっている。(このpdfファイル 11.9KB をご覧になるにはAdobe Acrobat Readerが必要です。)

この水道水源として定めたエリアは160平方キロメートルで、全市の 56パーセントを占めている。水道水源としての 23,800トン/日、のみならず簡易水道 681トン/日、小規模水源47箇所のほとんどをこの範囲で網羅していることとなる。
約1時間に亘り市の職員の説明を受け、当委員会の議員による質問に答えていただいた。その中で白石市としては最終処分場はどうしても必要な物であると言う認識は持っているが、水源地には必要ないものであること。白石市は水路が縦横に走っており、昔からこの水を利用して生活してきたので住民の水に対する思い入れは非常に強い物があること等を聞くことが出来た。また水道料については県水(県が作ったダムからの給水を受けていると言うこと)の利用があるためその原水単価は意外に高く、この事については担当職員も嘆いていた。

白石市地図
この場所は白石川の上流に当り、福島県との県境に近い場所に位置する。
宮城県道白石国見線から入山林道、熊鷹林道と走りつないで入ってゆける場所である。
白石市内の水路
白石市内の水路

その後市役所の隣地にある白石城を見学させていただいた。この城は平成7年に復元された物であるが、史実に対して忠実に再現したと言うことで石垣についても3種類のつみ方が見られるなど伊達家臣であった片倉小十郎景綱の思いがしのばれる物である。この城に行く道の脇にも随所に水路があり、非常に水量豊富であった。

上記条例はPDFファイル(Portable Document Format)で掲載されています。
PDFファイルを閲覧する為には専用のソフトが必要です。
 

Copyright(C) 2002 by NONAKA Ichini
野中一二事務所
400-0016 山梨県甲府市武田2-11-19
電話 055-254-4040  FAX 055-254-4042

[UP] [戻る] [視察報告目次] [議会質問集目次] [2002年度] [議会目次]