野中一二のページ | 活動 | 議会 | 街づくり | 環境 | 言いたい放題 | プロフィール | サイトマップ | 掲示板 | ホーム | 戻る

東京都 東京水道サービス株式会社

上下水運営の取り組みについて

平成24年10月23日 環境水道常任委員会視察記録

2012年10月22日・横浜市 → 23日・東京都  → 24日・一宮市

 会社概要から転記させて頂くと以下の通り。

設立 昭和62年2月
役員
 代表取締役社長    飯嶋 宣雄 (元 東京都水道局長)
 専務取締役      内海 正彰 (元 東京都水道局 サービス推進部長)
 取締役        原薗 一矢 (元 東京都水道局 建設部長)
 取締役(非常勤)   福田 良行
 監査役(非常勤)   兼俊 寿志
 会計参与(非常勤)  塩尻 強司
 ※常勤役員のうち東京都退職公務員については東京都の最終職名を付記
資本金 1億円
株主
 東京都(水道局)
 (株)クボタ
 (株)栗本鐵工所
 (株)損害保険ジャパン
 (株)みずほ銀行
 (株)みずほコーポレート銀行
 (株)三菱東京UFJ銀行
 東京海上日動火災保険(株)

この様に会社概要には記されている株式会社であり、東京都からは11%の資本金を出資されているが、完全な民間企業である。
事業内容を見てみると、次の通り記載されている。

 豊富な経験と高い技術力、民間の有する柔軟性を最大限に発揮しつつ、東京都から水道施設の運転管理業務、漏水防止・管路等の維持管理業務、給水装置(各家庭への引込管等)工事の審査・検査業務など水道事業運営上重要な業務(準コア業務と呼んでいます。)を受託し、東京都水道局のパートナー企業として、水道局と一体となって、水源から蛇口までのライフラインを支えています。
 なお、現在段階的に実施中である多摩地区における東京都水道局の市町への水道業務事務委託解消は平成24年度までに完了の見込みであり、解消後に業務を行うサービスステーション等の運営を当社が受託しています(給水装置系業務及び施設管理系業務)。

東京都視察
説明して頂いた社長様をはじめとする役員の方々

西新宿のビルに案内され、会議室からはあいにくの雨だが緑色濃い西新宿の公園が広がっており、抜群の環境が否が応でも目に飛び込んできた。
早速質問してみると「自社ビルです」との回答、そうだ、以前この場所は東京都水道局淀橋浄水場であった。

 公共事業から分離した会社が公共の事業を支援する。こんな事が当たりますになっているこの会社こそ、来るべき自治体の在り方の一つを示しているのではないか。
この会社は今月の初め報道に「タイ王国首都圏水道公社との無収水対策事業の実施」を行うと報道があったように、JICAを通じて世界中の国々で安全で衛生的な水道の確保に貢献しているという話も伺った。

東京都水道局からの受託業務の内容としては、浄水場・給水所の運営管理、水運営状況の監視と事故対応等、すべての水道にかかわる事業に幅広く及んでいる。
また、東京都以外にも近郊都市の水道運営にかかわるなど、業務の拡大は目を見張るものがあった。

肝心の東京都水道局職員数は次第に削減してきており、右肩下がりがこの様にはっきり表れているグラフを見たのは久しぶりであった。
これもひとえに石原知事のおかげですと言っていたが、その分実務をこなしている東京水道サービスさんの職員数は大幅に増加しているのだ。
しかしそれもすべてが東京都の職員を受け入れていると言うのではなく、直接地方の高専等からの採用が多いと説明して頂いた。

東京都視察
東京水道サービスの人員状況
東京都視察
東京都水道局の職員数

そうした中で「技術レベルの継承と維持」には常に注意し、東京都水道局と合同の研修を繰り返しているとの事、何とも頼もしい組織体ではないだろうか。

東京都視察
進行次第とリークチェッカーの写真

 東京都水道局では漏水率がなんと3%だそうだ。ちなみに甲府市で18%もあるのだからこれは問題である。東京都では上水として作った水をしっかり届けると言う事で、以前すべての排水管をステンレス製に切り替えると言う大規模な工事を行ったと聞いていた。
その後漏水を感知する装置の開発に努め「ティーエス・リークチェッカー」という装置を開発している。これによって水道検針時に漏水点検も行ってしまい、驚異的な漏水率を維持しているのだと言う。

 これはわが市でもぜひ導入すべきだと思った。実際わが市では面で区切った範囲で漏水点検を行い、次第に広げていっているのだが、それには金がとてつもなくかかってしまい、「漏れにこだわるな」という指摘さえ出ている始末である。

 ここは一つ東京水道サービスさんにお願いし、漏水検査を委託業務で受けて頂くのが良いであろう。年間1億円近く漏水として捨てているのだから、待ったなしであろう。その他にもさまざまな話を聞かせて頂く事が出来、非常に有意義な視察であった。

東京水道サービス株式会社の社長様をはじめ、説明頂いた皆様。お忙しい時間を頂きありがとうございました。心より感謝いたします。

Copyright(C) 2012 by NONAKA Ichini
野中一二事務所
400-0016 山梨県甲府市武田2-11-19
電話 055-254-4040  FAX 055-254-4042

[UP] [戻る] [視察報告目次] [議会質問集目次] [2012年度] [議会目次]