野中一二のページ | 活動 | 議会 | 街づくり | 環境 | 言いたい放題 | プロフィール | サイトマップ | 掲示板 | ホーム | 戻る

議員から見た議会と条例−政策形成と議会−

山梨学院大学法学部講義の記録 2005年11月10日

レジュメ
1−議員と地域のかかわり
住居地域を大切に(甲府市議会は小選挙区なのか)
日頃の活動とは
 
2−行政を導く議員
行政職員にとってはこの上なくうるさい存在
なぜ議員を恐れるのか(行政における議員の役割)
議会における議員の発言はどのような意味がある
 
3−無限の可能性を秘めた地方議員
議員、行政、市民の関係は「じゃんけんぽん」
政治の世界はゲームより面白い
 
4−住民協定の実例
実例、住民協定
法律は人が作ったもの、ならばそこに住む人々が不便と感じたら、自分達でその適応を考えたらよいと言う事
 
5−自治基本条例と議会
議会にかからないと実感が湧かない条例
概念としては怖いものがある住民による条例
 
6−その他
問題になる議員の立場、定数とは一体どのようにして決めるものか
議員の報酬はどの程度が適切か
地方議会の必要性
これからの議会のあり方

このレジュメは、当日配布したものへ加筆したものであり、実際の講義の内容に沿ってかなりの部分が書き加えられている。

以上のようなレジュメに従い、講義をする事となった。

持ち時間は1時間20分と言う事だが、質疑応答に20分ほど割いてほしいとの事であったので、所要時間約1時間と言う事で今回の講義を終えることとした。

本日の講義のうちで私が特に伝えたかった部分は
 「議員、行政、市民の関係はじゃんけんぽん」、
 「法律は人が作ったもの、ならばそこに住む人々が不便と感じたら、自分達でその適応を考えたらよいと言う事
であった。

つまり、行政がじゃんけんの「ぐう」ならば、市民は「ちょき」である。そして「ちょき」の市民に対して、議員は「ぱー」なのだ。つまり融通の利かない行政に対して市民の力は集団を持ってしても非常に弱いものがある、しかし「ぱー」の議員には、「ぐう」の行政は誠に弱いのだ。しかしその「ばー」の議員も、「ちょき」の市民の前では実に弱い存在なのだと。
そうした中でも、市民と議員、あるいは行政と議員と言った具合に2者が協力する事で今まで想像もし得なかったことが具現化できるのだ。

さらに、市民は「住民協定」などの手段によって、自らが居住する町を自ら快適にする事が出来てくるのが、法律以上の自主努力なのではないか。
しかし、そこには住民自らの犠牲と、自らの戒律が必要になってくる。場合によっては従来一般的と考えられていた法律以上に厳しいものになる可能性さえあるのだ。

と言う2点であった。

講義終了後の質疑応答では、聴講生達からの質問はすぐに出てきたが、いまだ選挙権を持ったか持たないかの学生達にとっては少し遠くの話だったのかもしれない。

それでも今回の講義を聞いて、少しでも地方政治に目を向けていただけるならば私の役割もあったのだろう。
しかしそれ以上に現職議員として報酬を戴いているならば、今まで以上に切磋琢磨する必要があると感じた次第である。

野中一二のホームページ中にある今回のテーマに関連する記事をいくつかご紹介しておきます。

Copyright(C) 2005 by NONAKA Ichini
野中一二事務所
400-0016 山梨県甲府市武田2-11-19
電話 055-254-4040  FAX 055-254-4042

[UP] [戻る] [視察報告目次] [議会質問集目次] [議会目次]