野中一二のページ | 活動 | 議会 | 街づくり | 環境 | 言いたい放題 | プロフィール | サイトマップ | 掲示板 | ホーム | 戻る

計画概要

生活排水汚泥の減量と活用

そもそも人間の排泄物は経口された食物の内40パーセントを占めると言われている。それら有機性廃棄物は、下水供用区域に生活する県民60万人にあっては下水放流され、終末処理場において処理された後に河川放流されている。一方では汚泥となって固形性廃棄物が排出され、焼却もしくはセメント原料などの方法で処理されてしまっているが、本来はエネルギーをもった有機性の原料であるにもかかわらずである。

本計画は県関与の広域下水道事業及び甲府市下水道事業から発生する汚泥を一か所に集め、微生物利用による発酵を行う事でバイオガスを抽出するとともにその汚泥量を半減させ、バイオガスの供給およびガス発電によりエネルギーを供給する事にある。

山梨CO2削減循環プロジェクト
山梨新産業育成への道
プロジェクトのフェーズ
下水汚泥有効利用計画
計画策定の趣旨
計画策定の背景
計画の基本方針−1
計画の基本方針−2
処理による対比
目指すべきポイント
生活排水汚泥の減量と活用
汚泥有効利用効果
国・県による指針など
環境HOME
 

Copyright(C) 2009 by NONAKA Ichini
野中一二事務所
400-0016 山梨県甲府市武田2-11-19
電話 055-254-4040  FAX 055-254-4042

[UP] [戻る] [環境レポート目次] [ホームページ]