野中一二のページ | 活動 | 議会 | 街づくり | 環境 | 言いたい放題 | プロフィール | サイトマップ | 掲示板 | ホーム | 戻る

汚泥有効利用効果

減容効果 おおむね1/2 焼却換算 ●●円減少

バイオガス発生量  400万㎥/年間
甲府市下水道事業における部分を25%と想定した場合(現状の甲府市施設におけるガス発生量を100万立方メートルと想定)

発生するバイオガスによる発電量 ●●KwH/年間
バイオガス燃料化による自動車走行量 ●●km/年間
水素抽出量 ●●t/年間
CO2排出抑制量 ●●t/年間

以上のような数字が見込まれる

汚泥焼却費用については13,000円/t(甲府市下水道部の現状費用参考)
その他焼却灰処分費などは含まず

数字などについては細かな検証を行う必要があります、しかし考え方の流れとしては変わらないのであえて公開いたしました。今後山梨県が事業化するのであれば詳細数字が出ますから、それを公開させていただきます。

山梨CO2削減循環プロジェクト
山梨新産業育成への道
プロジェクトのフェーズ
下水汚泥有効利用計画
計画策定の趣旨
計画策定の背景
計画の基本方針−1
計画の基本方針−2
処理による対比
目指すべきポイント
生活排水汚泥の減量と活用
汚泥有効利用効果
国・県による指針など
環境HOME
 

Copyright(C) 2009 by NONAKA Ichini
野中一二事務所
400-0016 山梨県甲府市武田2-11-19
電話 055-254-4040  FAX 055-254-4042

[UP] [戻る] [環境レポート目次] [ホームページ]