野中一二のページ | 活動 | 議会 | 街づくり | 環境 | 言いたい放題 | プロフィール | サイトマップ | 掲示板 | ホーム | 戻る

甲府・峡東地域ごみ処理施設事務組合

組合議会の報告 2009-10-20

平成21年10月20日に甲府・峡東地域ごみ処理施設事務組合定例議会が開催されました。

施設建設に当たり想定される数値の基準が決定しています。ずいぶんと厳しい数値を提示してきていますが、安心安全を考えての中間処理施設ですから当然でしょう。
現地に対する取り付け道路は目下4案が示されていて、地元住民と協議しています。地元の方々にとっても、搬入する方々にとっても安全で便利な道がよいというのは当然です。これからは地元の方々の意見を十分取り入れながら、決定してゆく予定です。

平成20年度の事業 総務課
平成20年度決算資料 建設課
平成20年度 甲府・峡東地域ごみ処理施設事務組合 歳入歳出決算書
参考・歳出明細
施設性能に係る項目と値(案)表
質疑応答

甲府・峡東地域ごみ処理施設整備事業

甲府・峡東地域ごみ処理施設事務組合 主要な施策とその成果説明

 甲府・峡東地域においては、各々の市、一部事務組合で稼働中のごみ処理施設の老朽化、さらには、それぞれの使用期限の問題から、新たなごみ処理施設の建設の必要性に迫られている中、平成17年12月26日、山梨県より甲府・笛吹・山梨・甲州の4市に対して「山梨県ごみ処理広域化計画Cブロック構想」に沿う形で、4市が共同してごみの広域的中間処理施設の建設を進めるよう要請があった。これを受けて協議・検討を行い広域化により資源の再利用、熱回収等の効率化が可能となり、それに伴う環境負荷及び施設建設、運営コスト等の低減が図られることなどから、4市でごみ処理を進めることとし、平成19年2月1日、「甲府・峡東地域ごみ処理施設事務組合」を設立した。
 組合設立から現在まで、施設整備を行うためのごみ処理施設計画、地形測量、地質調査、環境影響評価業務、さらにはアドバイザリー業務等の計画支援事業を実施し、当初計画である平成27年度の施設稼働を目指しているところである。

職員体制
甲府市笛吹市山梨市甲州市
6人2人1人1人10人

平成20年度の事務 総務課

1  甲府・峡東地域ごみ処理施設事務組合議会の開催  定例会2回

本会議の状況
区   分期  日会期会議日数会議時間
11月定例会11月25日1132分
3月定例会3月26日1119分
各会議ごとの議決結果
区  分 11月定例会 3月定例会
原案可決
同   意    1
認   定    1

2  ごみ処理施設建設に伴う地元説明会の開催           4回
   ◎ 事業内容等についての説明                
    ・H20年度事業計画及び経過について
    ・事業手法について
    ・視察研修について
    ・H21年度事業予定について

3  寺尾地区開発に係る連絡調整会議(県・事業団・組合・笛吹市) 4回

4  事業手法検討委員会の開催                  5回
   ◎ごみ処理施設建設運営に係る事業手法の検討

5  アドバイザリー事業者選定委員会               3回

6  県及び関係機関との連絡調整(必要に応じ)

[↑]

平成20年度 決算資料 建設課

山梨県笛吹市境川町寺尾地内に、甲府市・笛吹市・山梨市・甲州市の4市から排出される一般廃棄物を安全に効率よく処理するための一般廃棄物処理施設を建設し、平成27年4月の稼働を目指し、次の委託業務を発注するとともに関係機関との協議を行った。

委託業務名 契約金額(円) 目 的
交付金対象業務
環境影響評価業務(20年度分) 38,616,900 事業が周辺の環境や住民生活に及ぼす影響について調査、予測し明らかにするとともに、評価の結果を事業の実施に反映させる。山梨県環境評価条例の対象事業である。
環境影響評価業務に係る猛禽類調査他業務 29,820,000 オオタカ保護連絡協議会の審議結果を踏まえ適切な保全措置を検討していくための調査及び西側進入道路に係る区域も事業区域となることから、この区域に係る陸上動植物の調査である。
甲府・峡東地域ごみ処理施設整備事業及び運営事業に係るアドバイザリー業務 8,431,500 甲府・峡東地域ごみ処理施設の建設及び運営に係る事業に対し、民間事業者の選定に係る支援事業、事業者選定委員会支援業務である。
埋蔵文化財調査 943,320 事業予定地には、馬場遺跡、前付遺跡、大祥寺遺跡の埋蔵文化財包蔵地があり、文化財保護法の手続きが必要になる。本業務は本格的な発掘調査を行うための試掘調査である。
ごみ処理施設地質調査業務 5,145,000 H19年度に策定された施設基本計画において概ねの施設建設場所が計画されたため、建設場所の地質構造を得るための調査である。
小 計 82,956,720
交付金対象外業務
焼却溶融処理に係る比較評価業務 1,344,000 施設基本計画が条件とする処理技術に対し、各種比較項目を評価するとともに、最終処分率、リサイクル率などを明らかにすることで、採用すべき処理技術を選択するための比較評価資料を作成した。
小 計 1,344,000
合 計 84,300,720
[↑]

平成20年度 甲府・峡東地域ごみ処理施設事務組合 歳入歳出決算書

歳 入 (単位 千円)
予算現額 調定額 収入済額 不納欠損額 収入未済額 予算現額と
収入済額との比較
1 分担金及び負担金 100,375,000 100,375,000 100,375,000 0 0 0
1 構成市負担金 100,375,000 100,375,000 100,375,000 0 0 0
2 国庫支出金 44,968,000 44,968,000 44,968,000 0 0 0
1 国庫交付金 44,968,000 44,968,000 44,968,000 0 0 0
7 繰越金 15,406,000 15,406,225 15,406,225 0 0 225
1 繰越金 15,406,000 15,406,225 15,406,225 0 0 225
8 諸収入 59,202,000 59,347,807 59,347,807 0 0 145,807
1 組合預金利子 1,000 136,277 136,277 0 0 135,277
2 受託事業収入 59,200,000 59,200,754 59,200,754 0 0 754
3 雑入 1,000 10,776 10,776 0 0 9,776
9 組合債 0 0 0 0 0 0
1 組合債 0 0 0 0 0 0
歳入合計 219,951,000 220,097,032 220,097,032 0 0 146,032
歳 出 (単位 円)
予算現額 支出済額 翌年度繰越額 不用額 予算現額と
支出済額との比較
1 議会費 165,000 164.994 0 0 6
1 議会費 165,000 164.994 0 0 6
2 総務費 219,786,000 179,489,961 0 40,296,039 40,296,039
1 総務管理費 219,729,000 179,474,961 0 40,254,039 40,254,039
2 監査委員費 15,000 15,000 0 0 0
3 公平委員会費 42,000 0 0 42,000 42,000
歳出合計 219,951,000 179,654,955 0 40,296,045 40,296,045
歳入歳出差引残額 40,442,077円、うち基金繰入額 0円
[↑]
参考・歳出明細(単位 円)
支出済額 歳出明細 備考
1 議会費 164.994
1 議会費 164.994 1 報酬 164,994
9 旅費 0
2 総務費 179,489,961
1 総務管理費 179,474,961  1 報酬 45,000 管理者等報酬 45,000
 7 賃金 2,057,141
 9 旅費 73,720
10 交際費 5,500
11 需用費 921,146
12 役務費 400,518
13 委託料 85,030,470 環境影響評価業務
環境影響評価に係る猛禽類調査他
ごみ処理施設アドバイザリー業務
ごみ処理施設地質調査業務
38,616,900
29,820,000
8,431,500
5,145,000
14 使用料及び賃借料 2,425,585
18 備品購入費 87,150
19 負担金補助及び交付金 87,997,595 派遣職員人件費相当額 87,997,595
23 償還金、利子及び割引料 431,136 一般廃棄物処理事業債利子 1件
2 監査委員費 15,000 1 報酬 15,000
3 公平委員会費 0 1 報酬 0
歳出合計 179,654,955
[↑]

施設性能に係る項目と値(案)表

施設性能(案)
施設性能(案)
[↑]

質疑応答

取付道路資料
取付道路資料
野中一二は以下のような発言通告をして今回の議会に臨みました。原稿なしで、この通告書に沿って組み立て挙げて質問いたしました。
1−環境影響評価調査の進捗について。
① 現在の進捗状況について
② 完成させるに当たり、周辺住民要望施設の予定はいかがか
③ 県の最終処分場に対するこの調査の影響はどうなるのか
  以上を一括質問いたします

回答については、「組合と県環境整備事業団で手続きを行っているが現時点では県の施設及び周辺住民要望施設が施設内容、規模など決定しておらず、準備書の作成が遅れている」「今後については山梨県に協力するなかで対応を図って参る」という内容でした。

しかしそれでは最短2年ほどの遅れが出てしまい、住民に迷惑をかける事となってしまうので、速やかな県との協議と結論を出す必要があると考えます。

[↑]

Copyright(C) 2009 by NONAKA Ichini
野中一二事務所
400-0016 山梨県甲府市武田2-11-19
電話 055-254-4040  FAX 055-254-4042

[UP] [戻る] [事務組合目次・目次] [環境レポート目次] [ホームページ]