野中一二のページ | 活動 | 議会 | 街づくり | 環境 | 言いたい放題 | プロフィール | サイトマップ | 掲示板 | ホーム | 戻る

甲府・峡東地域ごみ処理施設事務組合

組合議会の報告 2011-03-30

平成23年3月30日に甲府・峡東地域ごみ処理施設事務組合定例議会が開催されました。

議案は下記の通りですが、平成22年度補正予算、これはいろいろな補助事業の確定金額が出た事による補正です。
続いて平成23年度予算、今年は増額していますが、これは中間処理場(焼却場)工事に伴う取り付け道路を遅滞なく進行するため、道路担当及び用地買収担当を増員した事による増額で、いよいよスタートしてゆくのだと感じた議会でした。

組合議会議員として野中一二は通告の上、質問をしました。

1−焼却方式の選定について
 溶融する場合、スラグの処理方法はどうするのか。具体的にお示しください。

2−焼却方式の選定及びそのメーカーの選定という事については、議会内に特別委員会作り、議論する事が必要と考えるがいかがか。
2−2 特別委員会を外部の有識者を含めて作る場合は、焼却設備だけでなく周辺環境との整合性を図れるような委員の選考が必要と考えるがいかがか。

回答は満足のゆくものでした。
建物意匠については宮島管理者(甲府市長)に京都の焼却工場の写真を提示して説明しました。
焼却方式の選定及びそのメーカーの選定において提案書提出に当たっては
・安全に緊急停止することを求める(特に高温の溶融炉は)
・被害の最小化に配慮を求める
・早期復旧稼動に配慮を求める
・市庁舎と同じ規模の地震に耐えるよう耐震設計(炉、建屋、敷地内のインフラ設備)の提案を求めたところ、すべて解りましたと言う回答でした。

議案第1号

甲府・峡東地域ごみ処理施設事務組合情報公開条例制定について

提案理由
 行政情報の公開の推進を図ることによって、地方自治の本旨に即した、住民主体の組合事務の執行に寄与するため、この条例を制定する必要がある。これが、この条例案を提出する理由である。

(条例案は掲載を省略します、以下同)

議案第2号

甲府・峡東地域ごみ処理施設事務組合個人情報保護条例制定について

提案理由
 個人情報の保護に関する適正な取り扱いの確保に関し、必要な事項を定めるとともに、組合の保有する個人情報の開示及び訂正等を求める権利を明らかにするため、この条例を制定する必要がある。これが、この条例案を提出する理由である。

議案第3号

甲府・峡東地域ごみ処理施設事務組合情報公開・個人情報保護審査会条例制定について

提案理由
 情報公開制度及び個人情報保護制度の適正かつ円滑な運営を推進するための審査会を設置するについては、この条例を制定する必要がある。これが、この条例案を提出する理由である。

議案第4号

特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例制定について

提案理由
 新たに設置する甲府・峡東地域ごみ処理施設事務組合情報公開・個人情報保護審査会委員の報酬額を定めるについては、所要の改正を行う必要がある。これが、この条例案を提出する理由である。

議案第5号

甲府・峡東地域ごみ処理施設事務組合職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例制定について

提案理由
 一般職の国家公務員の勤務時間の改定等にかんがみ、職員の勤務時間等について所要の改正を行うについては、この条例を制定する必要がある。これが、この条例案を提出する理由である。

平成22年度甲府・峡東地域ごみ処理施設事務組合一般会計補正予算
歳入歳出予算補正
継続費補正
地方債補正
平成23年度甲府・峡東地域ごみ処理施設事務組合一般会計予算
歳入歳出予算
地方債
平成22年度の事業経過
平成23年度の事業計画
事業者の募集及び選定の手順
議案第6号

平成22年度甲府・峡東地域ごみ処理施設事務組合一般会計補正予算

第1表 歳入歳出予算補正

歳 入 (単位 千円)
補正前の額 補正額
1 分担金及び負担金 134,847 1.602 136,449
1 構成市負担金 134,847 1.602 136,449
7 繰越金 1 747 748
1 繰越金 1 747 748
8 諸収入 21,802 2,928 24,730
2 受託事業収入 21,802 2,928 24,730
9 組合債 34,100 △15,000 18,900
1 組合債 34,100 △15,000 18,900
歳入合計 190,751 △9,923 180,828
[↑]
歳 出 (単位 千円)
補正前の額 補正額
2 総務費 190,538 △9,923 180,615
1 総務管理費 190,481 △9,923 180,558
歳出合計 190,751 △9,923 180,802
[↑]

第2表 継続費補正

(変更) (単位 千円)
事業名 補正前 補正後
総額 年度 年割額 総額 年度 年割額
2 総務費 1 総務管理費 環境影響評価業務委託 104,782 19 38,646 104,782 19 38,646
20 38,617 20 38,617
21 5,615 21 5,615
22 8,182 22 2,012
23 13,722 23 13,194
24 6,699
甲府・峡東地域ごみ処理施設整備事業及び
運営事業に係るアドバイザリー業務委託
31,449 20 8,432 31,449 20 8,432
21 4,274 21 4,274
22 4,820 22 4,820
23 13,923 23 11,267
24 2,657

第3表 地方債補正

(変更)(単位 千円)
起債の目的 補正前 補正後
限度額 起債の方法 利率 償還方法 限度額 起債の方法 利率 償還方法
一般廃棄物処理事業 34,100 18,900
[↑]
議案第7号

平成23年度甲府・峡東地域ごみ処理施設事務組合一般会計予算

第1表 歳入歳出予算
歳 入 (単位 千円)
金額 説明
1 分担金及び負担金 289,387 (構成市負担金)
1 構成市負担金 289,387
2 国庫支出金 1
1 国庫交付金 1
3 繰越金 1
1 繰越金 1
4 諸収入 21,026 (受託事業収入)
1 組合預金利子 1
2 受託事業収入 21,024
3 雑入 1
5 組合債 51,300
1 組合債 51,300 一般廃棄物処理事業債
歳入合計 361,751
歳 出 (単位 千円)
金額
1 議会費 213
1 議会費 213
2 総務費 361,502
1 総務管理費 361,445
2 監査委員費 15
3 公平委員会費 42
歳出合計 361,751
 
[↑]
第2表 地方債(単位 千円)
起債の目的 限度額 起債の方法 利 率 償還方法
一般廃棄物処理事業 51,300 普通貸借又は証券発行 4.0%以内
(ただし、利率見直し方式で借り入れる政府資金について、利率の見直しを行った後においては、当該見直し後の利率)
政府資金については、その融資条件によるものとする。ただし、組合財政の都合により、据置期間及び償還期限を短縮し、又は繰上償還もしくは低利に借換えすることができる。
[↑]

平成22年度事業経過

甲府・峡東地域ごみ処理施設事務組合では、平成22年度の事業として以下の業務を実施いたしました。

≪平成22年度≫

【 環境影響評価業務 】
〇現地調査結果及び3事業に係る条件整理と保全措置の検討を行い、環境影響評価準備書の作成を行った。
【 猛禽類調査他業務 】
〇オオタカ・ミゾゴイ他の適切な保全措置を検討していくための調査を行った。
〇オオタカ保護連絡会議での審議結果に基づく調査等を行った。
【 用地測量業務 】
〇個人・公共物管理者の立会いにより事業区域を確定するための測量を行った。
【 造成基本設計業務 】
〇中間処理施設に係る道路、雨水集排水、防災、植栽等の施設計画と各施設整備のための造成計画の検討を行った。
〇環境影響評価準備書への資料提供を行った。
【 都市計画決定手続き業務 】
〇都市計画決定に必要となる資料等の作成を行った。
〇関係機関との協議を行った。
【 地質調査業務 】
〇取付道路(東側)の設計に必要となる、計画予定地の地質調査を行った。
〇造成計画を検討するために地質構造を得るための調査を行った。
[↑]

平成23年度の事業計画

甲府・峡東地域ごみ処理施設事務組合では、平成23年度の事業として以下の業務を計画しています。

【 環境影響評価業務 】
〇現地調査結果及び3事業に係る条件整理と保全措置の検討を行い、環境影響評価準備書の作成を行う。
〇環境影響評価準備書の公告・縦覧、意見書の作成、意見書の公告・縦覧、公聴会、審議会を行う。
【 猛禽類調査他業務 】
〇オオタカ・ミゾゴイ他のモニタリング調査を引き続き行う。
〇オオタカ保護連絡会議他での審議結果に基づく調査等を行う。
【 造成実施設計業務 】
〇造成基本設計に基づき詳細な数量等の積算を行う。
【 費用対効果業務 】
〇循環型社会形成推進交付金に係る費用対効果分析を行う。
〇H12.3旧厚生省から示された手順・内容に従って行う。
【 補償物件調査業務 】
〇事業区域内の移転補償物件調査と補償額の算定を行う。
【 循環型社会形成推進地域計画業務 】
〇循環型社会形成推進地域計画(第2次)策定業務を行う。
【 上下水道施設設計業務 】
〇中間処理施設に係る上水道、下水道施設計画の検討を行う。
【 地域振興施設整備計画業務 】
〇用地測量、補償物件調査、家屋調査業務等を委託し施設建設に伴う用地買収のための各種算定を行う。
【 道路整備関係業務 】
〇地質調査、詳細設計、用地測量、補償物件調査業務等を委託し道路整備に係る調査・設計及び用地買収のための各種算定を行う。
【 都市計画決定手続き業務 】
〇都市計画決定に必要となる資料等の作成を行う。
〇関係機関との協議を行う。
[↑]

事業者の募集及び選定の手順

平成22年度
平成22年10月22日〜11月5日見積提出要項等の配布及び質問の受付
平成22年11月19日見積提出要項等に関する質問に対する回答
平成22年11月29日見積参加資格申請書類の受理
平成22年12月6日見積参加資格確認結果の通知
平成22年12月24日見積提案書の受理
平成23年2月16日事業者選定委員会委員委嘱式 ・ 第1回 事業者選定委員会
平成23年3月18日甲府・峡東地域ごみ処理施設整備事業及び運営事業 実施方針等の公表
平成23年3月18日〜3月31日実施方針等に関する質問の受付
平成23年度
平成23年4月15日実施方針等に関する質問の回答
平成23年6月上旬特定事業の選定・公表
平成23年7月中旬入札公告・入札説明書等の公表
平成23年8月下旬参加表明書及び資格審査申請書類の受付
平成23年9月上旬資格審査結果の通知
平成23年11月中旬入札提案書類の受付
平成24年2月下旬事業者選定委員会終了
平成24年2月下旬落札者の決定及び公表
平成24年3月基本協定締結
平成24年度
平成24年5月事業契約仮契約締結
平成24年6月事業契約締結
[↑]

Copyright(C) 2011 by NONAKA Ichini
野中一二事務所
400-0016 山梨県甲府市武田2-11-19
電話 055-254-4040  FAX 055-254-4042

[UP] [戻る] [事務組合目次・目次] [環境レポート目次] [ホームページ]