野中一二のページ | 活動 | 議会 | 街づくり | 環境 | 言いたい放題 | プロフィール | サイトマップ | 掲示板 | ホーム | 戻る
野中一二 走る

中道水道のこれから

平成22(2010)年5月25日に甲府市議会環境水道常任委員会は甲府市中道町の水道事業について調査を実施しました。「甲府市上下水道局」から配付された資料をもとにして「中道水道のこれから」を以下にまとめました。

Ⅰ.中道水道の沿革と合併後の経過

甲府市中道地区の水道事業については、平成18(2006)年3月1日の合併で甲府市上下水道局がそのまま引き継ぐ事となりました。その結果次の図に示すとおりの体系となりました。

事業名称 認可年月日 認可番号 認可種別 給水開始年月 計画 備考
給水人口(人) 1日最大給水量
中道町
水道事業
S63.6.11 山梨県指令
環第4-89号
創設認可 H5.4.1 6,470 3,866 4簡易水道の統合
中道町
水道事業
H3.4.22 山梨県指令
環第4-142号
変更認可
(第1次拡張)
H8.4.1 7,800 4,680 給水人口及び
給水量の拡大
甲府市
水道事業
H18.3.1 記載事項の
変更届
H21.8.1 7,800 4,680 合併による
名称変更
甲府市
水道事業
H21.3.30 山梨県指令
衛薬第3855号
変更認可
(第1次拡張
第1回変更)
H21.8.1 7,800 4,680 新水源の開発

Ⅱ.施設整備に関わるこれまでの取り組み

年度 18 19 20 21
施設整備関係 北部地区 配水池清掃作業
第4水源取水ポンプ取替
第2送水池流量計取替
第1配水池排水ポンプ取替
第2配水池緊急遮断弁修理
配水池清掃作業
第1配水池残塩計設置
配水池清掃作業
第2水源口内調査及びサービング
第3配水池流量計取替
配水池清掃作業
第4水源除マンガン設備導入
第4水源サービング工事
第1配水池送排水管布設工事
第2水源場内整備(旧施設解体)
南部地区 第2水源取水ポンプ取替 第3水源取水ポンプ取替
第1配水池水位計取替
東部連絡管布設工事
第1配水池流量計取替
東部地区 第2配水池流量計設置
第2配水池減圧弁設置
旧中畑配水池等の解体
新水源電気探査
新水源試験掘削調査
第7水源用地購入
第7水源さく井工事
第7水源造成工事
第7水源電気・計装設備工事
配水区域変更作業
第3配水池流量計取替
全域 石綿管150m布設替 石綿管約400m布設替 石綿管約90m布設替 石綿管約500m布設替
計画関係 地図情報管理システム
(地形図取込)
地図情報管理システム
(管路データ取込)
水道施設耐震化計画策定
認可設計業務委託
認可設計業務委託
水道管添架検討業務委託

平成18年度以降は甲府市水道局の管理により様々な日常使用に必要な手立てを行ってきています。
甲府市中道水道としての出来事を体系的にまとめると以下のようになります。

○平成20年3月27日 経営計画2008(水道ビジョン)策定
 甲府水道と中道水道との施設接続を伴う事業統合を基本方針として明記。

○平成20年6月19日 甲府市水道料金等審議会発足

○平成20年10月27日 料金審議会答申
 中道地区においては、激変緩和措置として、23年までの段階的改定とする。

○平成21年3月1日 甲府水道、中道水道の水運用・施設整備方針策定
 *中道水道における水質改善及び安定給水を目的とした緊急整備対策
 *事業統合を基本方針とする甲府水道からの受水計画

○平成21年3月30日 中道水道 第1次拡張第1回変更認可
 *東部地区における新規水源の開発
 *北部地区における除マンガン装置の設置による「浄水方法の変更」

Ⅲ.今後の取り組み

1.事業統合について

以下の3点を踏まえながら新たに事業を統合してゆくこととしています。

* 甲府市と中道町の合併が編入合併
* 両事業を統合した場合の給水人口及び給水量は、既認可値の和の範囲内
* 変更認可対象となる施設整備を含まない

なぜこの3点なのかと言うことですが、これによって水道事業を管理している厚生労働省の新たな変更認可を受けることなく事業が進捗できると言うメリットがあるのです。

その順序は次の通りとなっています。

①−平成22年 概要書の提出
 水道法 第10条第1項第2号 「その変更が他の水道事業の全部を譲り受けることに伴うものである時」

②−平成23年 届出書の提出

と言う順序です、図で示すと以下のようになります。

事業統合

統合による給水人口の推移

統合による給水人口の推移

統合による給水量の推移

統合による給水量の推移

以上のような実績と予想が想定されます。

施設統合、甲府からの受水計画

甲府市水道と中道水道は次の様な計画に沿って施設統合を終了する予定です。これによって中道地区で行われていた分散井戸による水道事業は、すべて甲府市と同一の水源からの給水に一歩近づく事になります。おいしい水道の水を目指して、笛吹川を越えて給水するという大きな事業計画ですが、当然費用対効果、安心安全などの基本事項をしっかりとクリアしながら推進してゆきます。

甲府からの受水計画
甲府からの受水計画
甲府からの受水計画
甲府からの受水計画
甲府市(旧甲府市)給水区域 59.84 k㎡

甲府市(旧中道町)給水区域 10.90 k㎡

甲斐市(旧敷島町)給水区域  4.56 k㎡

中央市(旧玉穂町)給水区域  8.06 k㎡

昭和町            給水区域  9.15 k㎡
 

甲府からの受水計画 拡大図

甲府からの受水計画

Copyright 2010 by NONAKA Ichini
野中一二事務所
400-0016 山梨県甲府市武田2-11-19
電話 055-254-4040  FAX 055-254-4042

[UP] [戻る] [甲府の水道] [環境レポート] [ホームページ]