[戻る] [はしがき] [長禅寺] [能成寺] [東光寺] [円光院] [法泉寺] [塩澤寺、他]

府中五山遊山記

長禅寺(ちょうぜんじ)

甲府駅北口〜長禅寺。およそ15分

駅北口に降り立ち中央線に沿って石和方面に向かいます。途中東京ガス甲府支社さんを過ぎてすぐ小さな坂に差し掛かります、「三念坂」という坂ですが、歌に唄われたこともあるようです。上り口の左側にはワインで有名な「サドヤ醸造所」(無料で工場見学も出来ますが今日はここは通り過ぎます)を横目に見ながら三念坂を登ります。登り切った所を右に折れ、目の前の愛宕町踏切を渡らずにやはり中央線に沿って歩いてゆきます。この辺りは道幅が狭いので注意です。視界が悪い道ですが突然なにやら大きな門が姿を見せます、ここが長禅寺です。(地図・甲府駅北口〜長禅寺、赤い十字がポイントの踏切)

ここの住職さんは観光客は来て欲しくないといっています。寺が荒れるし気を使わなければならない、そんな面倒なことは結構ですと仰っていました。結局従来の観光客のマナーに起因することなのでしょうね、府中五山めぐりとしては外から見るだけでやめておきましょう。五重塔や三重塔があり、なかなか風情がありますよ。五山ツアーのスタートとしてはふさわしいのかな、この寺は元々武田信玄の母、大井夫人の菩提寺であった鮎沢の長禅寺が府中から遠かったために現在の地に新しく建てられたものだそうです。(鮎沢の長禅寺は古長禅寺になったそうです。)

長禅寺
甲府市教育委員会が作った道標、駅南口から東に向かう道筋
長禅寺
長禅寺
長禅寺
長禅寺
長禅寺
長禅寺
長禅寺
長禅寺
長禅寺
長禅寺

Copyright(C) 2003 by NONAKA Ichini

[UP] [戻る] [前頁] [次頁] [府中五山遊山記] [街づくり目次] [ホームページ]