活動 | 議会 | 街づくり | 環境 | 言いたい放題 | プロフィール | ホーム | 戻る

「野中一二」の言いたい放題

2002年1月1日 新しい年

 この年を早く入力したくてうずうずしていました。2002というこの数字は私があこがれた数字で、「BMW」という車がありますが、その車のシリーズナンバーだったのです。ちょうど日本でもモータリゼイションの幕開けとして、トヨタでは2000GT、そして日産ではフェアレディーという名前のスポーツカーが誕生して間もないころ。私もご多分に漏れず車に憧れを持っていた、そんな年頃の話でした。イヤーかっこいい車でしたね、箱型で、ごく普通の乗用車なのにこれがすごい。そんな青春の一ページを飾るこの数字でした。

 ところでここで「新年おめでとうございます」なんて大文字や太字で書こうものなら、すぐに「公職選挙法、挨拶行為に関する違反」です、なんて当局にしかられてしまいます(もう書いているが)。なぜこんなことが違反?と思われる方が多いと思いますが、公職にあるものもしくはその職に付こうとしているものは時候の挨拶文を送ってはいけないのです。つまり年賀状、暑中見舞いなどなど。但し、本人自筆の返書は許可されているのです。その上このインターネットという代物は、「不特定多数の人が見る」ということで、ここでもそのようなことは禁止の対象となっています。その他にも葬儀および通夜に際しては、本人が直接持参する香典はいいが、秘書などが代理で持参するものは違反となっています。じゃあこんな馬鹿らしい法律は誰が決めたんだ!ということになりますが、これを決めたのは「政治家の秘書」であると断言しています。そのほかの文面も含めて、秘書が一番やりたくないことを全て規制しているからです。それともうひとつは「選挙公営の基本理念」から考えられますが、代理でもよいということになりますと政治活動に膨大な金がかかることになります。昔はよくありましたが、海外へ研修に行くと必ず絵葉書を送ってくる。この事のために現地の日本大使館員は寝る間を惜しんで葉書書きに勤しんだなんて話をよく聞きました(言われてみれば私ももらったことがある)。所詮私なんかの下っ端ぺいぺいにまで出すんですからその量たるや大変なものだったことでしょう。今年の後半あたりから、来年の統一地方選挙に向けての準備モードに議員さんたちは入ります。かく言う私もいよいよ二期目になるんですから、他人事ではありません。

このページをごらんいただいている市民の皆様も、そんないろいろな法律に縛られていることご理解いただきたいと思います。でも基本的な日ごろの活動は何の制約もありませんよ〜。

2001年12月31日 一年のご支援を感謝します

[言いたい放題] [ホームページ] [戻る]
Copyright(C)2002 by NONAKA Ichini