活動 | 議会 | 街づくり | 環境 | 言いたい放題 | プロフィール | ホーム | 戻る

「野中一二」の言いたい放題

2002年12月30日 1年の終わりに

 このメールマガジン、「野中一二の人は石垣人は城」この号が年内、最後となります。
1年間のお付き合い、ご 講読ありがとうございます。また、市議会議員は皆様に年賀状などの郵便物をお出しすることを公職選挙法で禁止されています。欠礼をしますがご理解下さい。2003年が皆様にとって、輝ける良い年であることを祈念します。

 今年の私はついに選挙事務所で終わりとなります。あと少し、2003年2月2日に祝杯をあげて終りとなる予定です。現在のところ世評では三つ巴の激戦、実に混沌としている様相です。そんな中でわが選対は本部長以下「相手候補の誹謗中傷はしない」ということで進んでいますが、すでに県内にはさまざまなビラが撒かれています。一昨年の衆議院議員選挙で、私は週刊ポストの「イスフィールオピニオン」に投稿いたしました。『政治は政策で決着をつけよう、誹謗や中傷は両者傷み分けにしかならず、ましてや一般の投票していただく市民は良識を持ち合わせています』、と言う内容でした。撒かれたビラを見ていると何の変化も無い、肝心の政策はどうなっているのでしょうか。

 遅くなりましたが12月議会の報告です
10日に始まり19日まで、12月議会が淡々と終了しました。市長の辞任、なんと言ってもこれがトピックでした。過去を振り返る市長の言葉にはなんか白々しいものさえ感じました、いったいこの11年と8ヶ月に何を以って甲府の町を作ってきたのか、とうとうその言葉は聞けませんでした。与党、野党それぞれ反省と賞賛を送り、そして型どおりの挨拶に終始した。これがひとつの時代の幕切れだと思うと何かむなしくなってしまいます。でもやっぱり野中一二は走りつづけます。

 今年の年末は昨年より暖かいような気がしています、昨年は何があったのかそして来年は何が起こるのか。なるようにしかならないと言う現実と、精一杯の努力をした結果が結実すると言う結果が語ってくれるもの。その両方を十分噛みしめながら、新しい年に向かって進んでゆこうと決めています。

 一年間ありがとうございました、来年もよろしくお願いいたします。

メールマガジン『野中一二の人は石垣、人は城』 平成14年12月30日・第30号所収

[言いたい放題] [ホームページ] [戻る]
Copyright(C)2002 by NONAKA Ichini