活動 | 議会 | 街づくり | 環境 | 言いたい放題 | プロフィール | ホーム | 戻る

「野中一二」の言いたい放題

2003年8月19日 議員研修会

甲府市議会では、山梨県下の市(南アルプス市が加入して8市となった)合同の議員研修会を毎年開催しています。今回は8月18日に当番市が甲府市ということで、甲府駅北口ベルクラシック甲府において開催いたしました。講師は山梨学院大学教授「江藤俊昭」氏、タイトルは「議会の活性化ー協働化時代の議会ー」でした。

実に面白い話でした。地方自治は国政とは違うという点、国会議員は住民投票などでリコールできないが、地方議員は首長を含めこれが出来てしまう。町村においては地方自治法94条では「議会を置かなくても良い」となっているなどなど、執行機関に対するチェックが大きなタイトルとなっている地方議会を、益々住民の近くに置くことの必要性をあらためて感じさせた話でした。振り返って私の活動はこれでよいのか、何かもっと違う方法があるのではないか、自分たちが暮らしているこの街に対して何がなせることなのかを考えました。

私が所属している会派「新政クラブ」は甲府市議会の中で最大会派として議会運営にあたっています。今回の江藤先生の仰る「益々の議員の研鑚」という点については、すでに4月の統一地方選以後庁内学習会を5回開催し、各部の課題についてかなり突っ込んだ議論を行ってきたところです。これは部局に対して時節の問題をだし、その担当課長レベルを招いて会派全員とおよそ2時間の範囲で意見交換を行うという形で開催したものです。企画、総務に始まり福祉まで5つの部との意見交換会でしたが、毎回時間をオーバーし、白熱した質疑を繰り返してまいりました。但し結論を出すといった性格ではないので、一定のところでそれぞれの自説をぶつけ合う、これはきっと市政に反映されることとなるでしょう。その後、「府中五山」についての考察を1日かけて行っています、これについては小生の6月議会での質問で触れた甲府の観光資源という切り口です。それらの成果を持って7月の九州視察につながっているのです。「九州視察紀行」をご覧下さい。

サマーINきたぐちスケジュール決定です。

メールマガジン『野中一二の人は石垣、人は城』 平成15年08月19日・第47号所収

[言いたい放題] [ホームページ] [戻る]
Copyright(C)2003 by NONAKA Ichini