活動 | 議会 | 街づくり | 環境 | 言いたい放題 | プロフィール | ホーム | 戻る

「野中一二」の言いたい放題

2003年12月11日 循環型バス導入へ

12月議会で循環型バス導入に向けて一歩踏み出しました

甲府市議会12月定例会議で当期2度目の一般質問となりました。

その中で、6月議会で質問した趣旨の「市内循環型バス」について改めて質問いたしました。それに対する当局答弁で企画部長は「本年度内に市民を対象に中心市街地への交通手段についての調査を行う」方針を明らかにしました。この市民意向調査は地域循環型バス導入を検討するための基礎資料として活用し、本年度内に調査結果の集約、分析をまとめる予定としています。現在調査方法や対象者、活用を含めて、バス事業者と運行方法や運行ルート、経費の問題についても協議をしていることまで明らかになりました。

ここまで行くと後はいかにして良いルートを選び、大勢の市民の利便性を高めることができるかしかないですね、やっとここまでこぎつけたかといった感じでした。今後については色々な相談もあるでしょうし、行政サイドと一緒になって取り組んでゆかねばならない課題が山積しています。(バス問題に対する私の考えはこの記事です。

12月議会ではこの他に私の自席での再質問に対して、宮島市長がすべて答えるといった一幕もありました。「大事な税金を預かる職員は失敗してはいけないという気持ちがある」、「だからどうしても慎重にならざるをえない」と言っていました。

「失敗を恐れてはいけない」という私に対して「大切なのはひるまない心」という趣旨の答弁でした。市長としての決意表明なのでしょう、そもそも宮島市長は選挙によって市民から選ばれたわけですから信念を持って事にあたれば誰も怒らないはずです。当然このことも自席で触れておきました、新しい地方の時代がこの甲府にもやってくるのでしょう。

12月議会の予定原稿(登壇部分)です。

メールマガジン『野中一二の人は石垣、人は城』 平成15年12月11日・第54号所収

[言いたい放題] [ホームページ] [戻る]
Copyright(C)2003 by NONAKA Ichini