活動 | 議会 | 街づくり | 環境 | 言いたい放題 | プロフィール | ホーム | 戻る

「野中一二」の言いたい放題

2005年9月14日 いわゆる甲州選挙は変ったか

今までの選挙と、今回の選挙の大きな相違点はなんだろうか。

簡単に言ってしまうと「短期決戦」「タイトルのはっきりしている選挙」と言う二つが上げられる。それと同時に今回の衆議院選挙は、「小選挙区比例代表」制度が確立した選挙ということも大きな相違点だったのではなかろうか。結局党派の代表がそれぞれ小選挙区で立候補し、国民には政党の政策を浸透させる。これが出来たか出来なかったかが勝敗の分かれ目になったのではないか。

自民党は「郵政民営化に賛成するかしないか」と言う大論争を仕掛け、一方の民主党は福祉、税制改革、年金問題などの複数問題を提起しようとした。結果として特に短期の論戦にはタイトルが少ないほうが良いと言う結論、その上、誰もが不満を抱いている税金の使い道を一本に絞った小泉首相の一本勝ちとなった。

その上、この問題で自民党内のいわゆる族議員に対してくさびを打ち込み、しかもそれを国民に広く開示する事で「改革政党としての自民党」という新しいイメージを植え付ける事に成功してしまったのだ。

そしてこの短期決戦では、特に初参戦組である党指定の候補については従来型の「個票(後援会入会カードなどにより事前に支持がためを行い、票の囲い込みをする仕組み)」による告知行為が出来ず、そのため電話作戦や法定はがきの宛名などの情報が収集出来ないまま選挙戦に突入せざるを得なかった。

それと同時に大口支援者(土建業者、あるいは支援企業)の獲得に対しても、一定の制約がかかってしまい、思うように動員が出来なかった。ましてや中傷誹謗ビラや文書などはその準備が間に合わず、まさに敵を知らずに戦いに挑むと言った状態であった。勿論迎え撃つ側についてもこの情報の少なさは同様の手探り選挙をする結果となっていた。

この様な選挙では、それぞれの党がうたうマニフェストなどが最も重要なのだが、それを告知する時間も無く、市民の中ではより明確なタイトルに飛びつきやすい状態が生れてきていたのではないか。それと同時にマスコミの果たす役割が今回の選挙では際立って自民党が上手であった、むしろ小泉首相が上手であったのだろう。「郵政解散」と言いながら、次に「郵政ガリレオ解散」と告げ、後者が正式な名称だが、マスコミはどちらを使っても良いですよと呼びかける。報道はそのキャッチコピーは短いほうが良いので結局タイトルは「郵政解散」と自然になってしまった事など、特筆すべきうまさが光った選挙戦を打ったのは小泉自民党と言う事であった。

山梨の選挙土壌は、最後は現金と言われるような悪質な事例が多かったのだが、今回のような選挙の後には過去の「甲州選挙」と言われたような数々の出来事は登場する間もなく終わってしまった。特に新人選挙事務所に至っては「ボランティア」などの勝手連集団が大いに跋扈し、いわゆるバッチ族は残念ながらあまり活躍する場所が無かったようである。これも一区を除いて旧自民党候補に対する新人候補の事務所ならではの出来事だと思えるが、今回の選挙手法などは今後の県内選挙においても大いに参考になる事例である事は間違いない。しかもその勢力図式が一変してしまった事から、後1年と半年に迫る知事選や、各首長選挙、そして統一地方選挙に至る今後の選挙方法には、是非大いにこの様な新しい風を起こしうるような選挙を行ってほしいものだが、実際期日が指定されている選挙については従来型の選挙戦から抜け出そうとするのには相当な覚悟と力が必要だ。

しかし、例えば小生が次回の選挙戦において、今回の事例は通用するのだろうか。個票を廃止し、集会は打たず、行うのは法定選挙の法定掲示板と選挙カー、それに許される範囲の運動員と言った選挙は可能なのだろうか。正直のところ自信が無い。

事前に配布するプロフィール無しに自分を語る事が出来るのだろうか、あるいは個票も無く無作為に電話をかけることが個人情報保護法により制約を受けるとしたら、電話作戦はどのようにして行えと言うのだろうか。勿論一定の前回までの蓄積はあるとしても、どうやって新しく支持者を広げる事が出来るのだろうか。まあ県議会議員選挙あたりなら一部は参考にすべきであろうが、甲州選挙などは無縁の市議会議員なのだから、それにしても奇策や正解と言うのは実際には無いのではないか。

ただただ日頃からの積み重ねと言う他ありえないのだろうか、全く見当もつかないのが自分に振り返っての今回の選挙戦からの収穫のような気がする。実際、情けないような話だが、現実は限りなく厳しい。

メールマガジン『野中一二の人は石垣、人は城』 平成17年09月14日・第114号所収


[言いたい放題] [ホームページ] [戻る]
Copyright(C)2005 by NONAKA Ichini