活動 | 議会 | 街づくり | 環境 | 言いたい放題 | プロフィール | ホーム | 戻る

「野中一二」の言いたい放題

2005年12月3日 今年も「光のピュシス」が始まった

光のピュシス
メイン会場

ピュシスと言う言葉は、ギリシャ語で、成る、生じる、生成するという意味の言葉だそうです。この実行委員会では、自然豊かな山梨ならではのイルミネーションモチーフとこのイベントの目的である「活性」というイメージをあわせもつ言葉として用います、としています。

昨年も書きましたが、実行委員会は全て民間。だからこの企画が昨年以上の盛り上がりを見せているのでしょう。どうしても行政が行うとこうは行きませんね。

今年はなんと言っても広く民間からの寄付を集める工夫をはじめた事です、一枚が2千円と言う会員カードなんですが、これが結構あちらこちらで使えます。デパートあり、ガソリンスタンドあり、そしてスナックまで参加してこのイベントを盛り上げようとしています。

その上今年はサンリオからキティーちゃんが参加、この会社の社長さんが山梨の方で、快く賛同していただいたようです。23日、24日、25日にはキティーちゃんの光の電車が走る予定とか。同日にはプリンセス天功さんが、レーザーイルミネーションで盛り上げて下さるそうですから、これは楽しみです。

光のピュシス
北の城壁にシルクロードが

昨日(12月2日)が点灯式で、関係する団体の方々による開会式が行われました。一斉に点灯したイルミネーションは、昨年よりも大掛かり。美的センスも昨年よりもかなりアップしたようです。でも一言だけ、ちょっとデコラティブ過ぎませんか。

今年は、北杜市に美術館を作った「平山郁夫」さんの作品が随所に展示され、特に甲府城北側の中央線沿いの石垣には、大きな画伯の作品がライトアップされています。これは圧巻ですね、まあ解説はともかく1月15日まで開催しています。どうか百聞は一見にしかずを体験してください。

メールマガジン『野中一二の人は石垣、人は城』 平成17年12月03日・第121号所収

[言いたい放題] [ホームページ] [戻る]
Copyright(C)2005 by NONAKA Ichini