活動 | 議会 | 街づくり | 環境 | 言いたい放題 | プロフィール | ホーム | 戻る

「野中一二」の言いたい放題

2006年12月3日 統一地方選挙に向けての年末

いよいよと言うか、もう来てしまったと言うのか師走である。そして来年は私にとっても三度目となる試練が待ち構えている時期である。

 ここまでの4年間をどのように過ごしてきたのかが問われる事となるのだが、この時期ふと思い出すことはやっぱり初陣に臨んだこの師走の事である。ひたすらそれまでの友人知人を頼りに忘年会へ出席、そして年が明けると新年会に呼んでいただいた。あの時期の手帳を振り返ってみると、実に良くそのことが書いてある。ではその次はどうだったのか、サボっていたわけではないのだが、今年と同じように知事選挙のお手伝いに明け暮れていた。これはもう私のホームページを見てもその更新状況から実によくわかって来る、更新がストップしているのだ。

 今年は幸いか年末の寒さがそれほど感じられてこない。去年のほうが寒さは厳しかった気がする、いや4年前のほうが実に寒かった気がするのだが、それも良く思い出そうとしないと実感が沸いてこない。

 地球温暖化による暖冬と言うが、それだけではないような気がしてならない。体感する寒さとは別のもう一つの心の寒さと言ったようなものがどこかにあるのだろうか。それとも加齢による感覚の違いと言うものなのだろうか、四季の変化に対して敏感になってきている自分に、少々の苦笑いをしてしまうようになってきた。

 感性というものは磨けば磨くだけ鋭くなる、同時に年齢を重ねるとそれだけ心に余分な「垢」が溜まり、それだけでも十分に鈍重になるといわれている。そのバランスが微妙に崩れ始めているのだろうか、それとも以前よりも研ぎ澄まされてきているのだろうか、不思議といろいろなものが見え始めているのに気がついている。このままこのような状態を続けていって、もっと研ぎ澄まされた目で社会を見つめて行けたらなあ、などとこの年末に向けて感じているところである。

 今回の知事選挙のお手伝いにしても、これから益々いろいろな方と会う機会が増えてくるだろう。せっかくのチャンスだから、その様な方々から貪欲に吸収して自分を高めて行けたらと。まあそのためにはひたすら聞き役でなければ駄目だろうな、などと余計な事を考えている小生である。

メールマガジン『野中一二の人は石垣、人は城』 平成18年12月03日・第155号所収

[言いたい放題] [ホームページ] [戻る]
Copyright(C)2006 by NONAKA Ichini