活動 | 議会 | 街づくり | 環境 | 言いたい放題 | プロフィール | ホーム | 戻る

「野中一二」の言いたい放題

2007年4月25日 選挙も終わり

ほっと一息と言うわけにもゆかず、昨日は甲府市道路愛称名選定委員会と言う新しい委員会が開催され、私は副委員長と言う事で承認されました。

この委員会は甲府城址の東南方向に広がっている市街地の道路に対し、町名変更によって消滅してしまった旧町名を表す道路名を復活させようと言う会です。魚町通り、連雀町通り、桶屋町通りといったように旧町名の道路を復活させて、町に愛着を持ってもらいたいという事から始まったものです。

いまでもタクシーなどに乗るときは、旧町名で呼んだほうが目的地の近くへたどり着くことができるなど、地元にも定着しているのですが如何せんこれらの町名を知っている方々も高齢化してしまってその継続性にも問題があるようです。全国一律丸の内だとか銀座(全国には1900か所ほどあるといわれている)だとか中央なんていう名前はさみしすぎです。この町名変更は昭和32年に行われ、それまでの街路名表記から街区名表記へと移行し、道路の両側が同じ地名という考え方が否定されてしまった所から今日の地番につながっているようです。

これを機会に甲府の街が少しでも市民に親しみが持てるようになってくれるよう、新たな運動が起きてくると良いですね。それにしても市長さん、もし私が落選していたらこの委員会の副会長はなかったですよ、それを選挙前に決めてしまうなんてすごいプレッシャーじゃないですか。

ちなみにホームページへは、この新しい愛称についての当局説明と、地図を載せて公開させていただきます。

そして今日は「当選証書授与式」でした。誓いも新たに32名の議員さんがそれぞれ神妙な面持ちで頂いていました、このときばかりは全員新人ですから。

その後は会派への勧誘運動です。
やはり多数派が強いですから、これも元職議員がそれぞれ総力を挙げて勧誘しています。結果は5月8日の全員協議会までに決まります、その後は議会人事、新たな議会運営についてなどが話題となってくるでしょう。従来の路線継承だけでは市民は納得してくれない、そうなると「何をやっているのか」と言う事ですから、新しい議会が注目される時ですね。

メールマガジン『野中一二の人は石垣、人は城』 平成19年04月25日・第165号所収

(メールマガジンの号数にミスがありました、正しくは第165号です。)

[言いたい放題] [ホームページ] [戻る]
Copyright 2007 by NONAKA Ichini