活動 | 議会 | 街づくり | 環境 | 言いたい放題 | プロフィール | ホーム | 戻る

「野中一二」の言いたい放題

2009年2月3日 視察記録

丸亀商店街視察
高松市美術館
市街地の商店街裏にあります

さる1月28日・29日・30日の2泊3日は視察で香川県高松市、愛媛県大洲市に行ってきました。そこでは時間の関係や位置的なものが数々あり、結果として非常に興味深いものが数多くありました。

そこで今回の視察報告は香川県高松市、高松市役所及び丸亀商店街、市立高松美術館及び香川県立博物館、愛媛県大洲市、肱川流域会議「水中めがね」、「おはなはん通り」、臥龍山荘(おはなはん通りから歩いてすぐで、一体化しています)と言う場所を見ることができた。

実際視察の対象は高松市に関しては「川鵜対策」、大洲市では肱川流域会議「水中めがね」だけだったのですが、おまけとして時間があったので立ち寄った場所が思いのほか素晴らしい場所でした。

高松市にある県立博物館は、日本中ご多分にもれず似たり寄ったりのイミテーション展示館ではありましたが、学芸員の親切さには舌を巻きました。

以下、アドレスをそれぞれコピーしておきますのでご覧ください。
高松市丸亀商店街
大洲市肱川流域会議「水中めがね」
おはなはん通り
臥龍山荘
となっています。

香川県立博物館
香川県立博物館
港に近いビルの3・4階を使っています、その分は合理的
香川県立博物館
昔のちゃぶ台での食事
県博内部にあったのですが、これが・・・?

肝心のタイトルの川鵜については高松市役所の関係する部署の方からていねいな説明を受けましたが、市役所でも実質被害については漁業関係の部署なので踏み込んで調査しているわけではないようです。これはやはり広域対策が必要なので、県の出番でしょうか。

個人的にはよく歩き、忙しかった視察の3日でした。

メールマガジン『野中一二の人は石垣、人は城』 平成21年02月03日・第199号所収

[言いたい放題] [ホームページ] [戻る]
Copyright(C)2009 by NONAKA Ichini