活動 | 議会 | 街づくり | 環境 | 言いたい放題 | プロフィール | ホーム | 戻る

「野中一二」の言いたい放題

2009年8月31日 自民党歴史的な敗北

今回の総選挙、自民党自身が変わらなければならないと言われ続けながら、果たし得なかったことに対する厳しい叱責という一言に尽きてしまうだろう。
小泉政権が一定の終止符を打った後、安倍政権の放棄事件に続き福田総理の辞任という実に国民を無視した党内の主導権争いが続いたように見えてしまう永田町の論理。これに一定の歯止めがかかると踏んで選ばれた麻生総理が失言続きで閣僚も失態続きとなれば、こくみんは「もういい加減に変わってくれ」と言ってくるのも見えていた。それに気がつかなかったのはいったい誰なのか、もしかしたら2/3以上の議席を取ってしまったおごり其の物だったのではないかと考える。

その間地方にあっては自主自立を推進し、これからは地方の時代と末端の市区町村議員は精いっぱいの努力を続けてきたのだが、国にあっては変わりきれなかったのではないか。その上いざ選挙となったら民主党を批判するよう差し向ける膨大な量のFAXが毎日流れてくる、とてもこれでは戦えないと感じていたら案の定である。ここに及んではすべての道路財源の問題として24兆円ほどもある予算の使い方や必要経費の支出の仕方についてはっきりとした道筋を示してほしかった事と、外国人参政権を与えた場合我が国は乗っ取られてしまうかもしれない危険性があることをはっきり明示してほしかった2点について、街頭演説などで国民に訴えた自民党議員はいなかったのだろうか。

国民・市民は政治家に対して常に明るい未来像を求めているのではないか、だから主義・主張があり、それぞれの得意分野での論戦が面白くなっているのではないか。あるいは議員の立場として所属する議会が何を対象としているのかを明確に打ち出さなければ、この国の行方はいったい誰に聞けばよいというのだろうか。地方の事は地方議員に任せ、対外的な事や国全体にかかわる仕事に対して国会議員の果たす役割を無視したような「どぶ板」と呼ばれるような活動が、政治の全てのように言われてしまうのは、実はあなた方が悪いのではないか。

大局に立って自身の行動を国民にしっかり開示するようなことができなかったのだろうか、それともここでも「マスコミが悪い」とでも言いきってしまうのだろうか。麻生太郎首相は30日夜、自民党が大敗した選挙結果について、「自民党に対する不満をぬぐい去ることができなかった」と述べ、事実上の敗北宣言をした。また、自民党総裁を辞任する考えも示したがそれだけでは済まないだろう。

私は2年間ですべてが暴露されると考えている。その時、我が国を任すことができる集団は、一体どのような論理に基づき、誰が牽引車となって進んでゆこうとしているのだろうか実に興味深い。

今後しばらくは民主党の政権政党としての閣僚発表や、来年度予算については概算要求の凍結など、次々と出されている指示に対して、真に国民の支持が得られるような施策を打ち出せるのだろうかという疑問を抱きながら、粛々と見守ることとしたい。

メールマガジン『野中一二の人は石垣、人は城』 平成21年08月31日・第207号所収

[言いたい放題] [ホームページ] [戻る]
Copyright(C)2009 by NONAKA Ichini