活動 | 議会 | 街づくり | 環境 | 言いたい放題 | プロフィール | ホーム | 戻る

「野中一二」の言いたい放題

2010年08月05日 甲府駅北口が新たにオープン

甲府駅北口オープン
新北口出口です、来賓は北向きに座っています。

甲府の玄関口JR甲府駅北口が昨日から変わった。2008年度から整備が進められてきた県内初のペデストリアンデッキ(歩行者自由通路)や、バスとタクシーの発着ターミナルとなる駅前広場の供用が一足お先にスタートした。

10月には藤村記念館が開館、多目的広場も12月に完成し、玄関口は一気に新しい顔に生まれ変わる。

地上6メートルの高さで駅舎と武田通りを結ぶペデストリアンデッキ。階段は4カ所で、新県立図書館方面にはバリアフリーのためエレベーターがつけられている。
駅舎と接続するデッキ本体部は観光拠点としても活用し、観光スポットなどを紹介するモニター、文字ニュースを提供する端末を設置。
きっとこの広場は団体観光客の集合場所として活用されるだろう。

水晶7千個で作ったオブジェ
甲府駅北口オープン
すべて上からつってあります

また、ジュエリーとブドウをモチーフに、天井からワイヤーでつりさげた7千個以上の水晶で作る直径1.2メートルの球体モニュメント「輝きのスポット(仮称)」が利用者を出迎える。

ここには別売の甲州印傳のストラップをかざすと、ライトアップされている光が違う色になったりBGMが変化するという仕組みが隠されている。まだ聞いたことは無いのだが、10回目を迎えると「結婚行進曲」が流れる仕組みだそうだ。

甲府駅北口オープン
甲府駅北口オープン

駅前広場は、タクシーとバス乗降専用のロータリーとなる。

一般車両の送迎用駐車場は、デッキと舞鶴陸橋の下にそれぞれ18台分ずつ設けられ、5日から使用できる。この駐車場は最初の30分間は無料で開放され、その後は30分150円と割高になっている。
つまり駅利用者の利便性を高める施設として使ってほしいと言う事なのだ。

この様に市民に使いやすい施設を目指して作り上げたのだが、やはり最初は戸惑う方がずいぶんと目立った。しかしこの方々も今日ぐらいだろうな、明日からはもう少しフェンスを下げるなどして使い勝手を良くするので、きっと迷うなんて事は無いだろう。

 

昨日の第2部は、楽しいキャラクター・ショーといった感じで終始子供たちの喜ぶ声が響いていた。

甲府駅北口オープン 甲府駅北口オープン
渡り初め 飛び入りは保坂甲斐市長

お決まりのテープカットの後はヴァン君フォーレちゃんを先頭に一般の方々による渡り初めが開始された。飛び入りは保坂武甲斐市長だ、そして1階の特設舞台では天野宣と阿羅漢による太鼓の演奏。

甲府駅北口オープン 甲府駅北口オープン
天野宣と阿羅漢のメンバー

ほんとに暑い中よく座って聞いてくださいましたね。

続けてデキシーランドジャズの演奏があり、なんと私の友人で今仙台に住んでいる夫妻もいました。

 
甲府駅北口オープン 甲府駅北口オープン
信玄君、ヴァン君フォーレちゃんとモモオ

さてさてステージは「信玄君」が登場し、これも大人気。

 
甲府駅北口オープン 甲府駅北口オープン

最後はヴァンフォーレ甲府の山本英臣選手、大西容平選手、津田琢磨選手、國吉貴博選手、保坂一成選手が参加したサイン会で締めくくりました。

大勢の皆さんありがとうございました。

 

「野中一二のBlog 人は石垣人は城」いよいよ新たな甲府の玄関が完成 2010-08-02

[言いたい放題] [ホームページ] [戻る]
Copyright(C)2010 by NONAKA Ichini